ブログ運営

投稿日:


タッチパッドキーボードならコレ!all-in-one keyboard N9Z-00029をレビュー!


all-in-one keyboard N9Z-00029 レビュー キーボード ファンクションキー Microsoft タッチパッド 薄めの写真 真ん中に文章 斜めに撮った
この記事の内容

Microsoftから出ているキーボードが、All-in-one Keyboard「N9Z-00029」。なんとキーの横にタッチパッドがついていてマウスも必要としません。個人的には無線というのもあって広くなり、満足しているのですが、気になる点もあったのでレビューをしてみたいと思います!

もともとノートパソコンを使っているのですが、画面が小さいので液晶モニターで画面を大きくして、デスクトップのようにして今は使っています。

 

そしてwebライターという仕事をしており、キーボードをメインに使っているのもあって、ちょうど買い替えようと思っていました

 

キーボードはかなり好みが分かれますよね?そんなこともあってたくさんのレビュー記事を読んでいると、All-in-one Keyboard「N9Z-00029」に出会ったんです。

 

ちなみにメーカーは最大手であるMicrosoft。全世界で使われているOSだって作っているので、キーボードもさぞかしいいものなんだろうと期待して、たくさんの記事を読んでみました。

 

そしたらあまりいい評価がされていないので、ちょっとガックリしたのですが、それでも気になったので購入してみたんです!

メガネさん
このキーボードの特徴はなんといってもタッチパッド!マウスが必要なくなるかも…なんて期待大でした!

 

 

スポンサーリンク

個人的にMicrosoftのAll-in-one Keyboard「N9Z-00029」は省スペース!

all-in-one keyboard N9Z-00029 レビュー キーボード ファンクションキー Microsoft タッチパッド 前使っていたものと比較 矢印大きい センターに文字
このキーボードの名前はall-in-one keyboard。名前のとおりこれひとつでほとんどのことができてしまい、タッチパッドがついているからでしょう。対応OSもWindowsからiOS、さらにandroidだって接続できるんだとか。

 

さまざまな機種に使えるのも魅力的ですよね。さらに無線で接続できてしまい、場所をとらないのが僕個人としては、最強だと思ってしまいました。いってしまえばテレビのリモコンのように、これひとつでパソコンが動かせてしまいます。

メガネさん
無駄なものがなくなると、作業するスペースが広く使えていいよな!

 

マウスが必要なし!タッチパッド付のキーボードだからこれひとつで操作可能

その大きな特徴は基本的にキーボードとセットでついているタッチパッド。これがあるからこそ、マウスを使わなくてもカーソルが動かせられるため、all-in-one keyboardなんて名前になっているのでしょうね。

 

今まではあまり知らなかったのですが、タッチパッドって指を2本同時にスライドさせれば、画面をスクロールできるのを知っていましたか?

 

僕は知らなかったのですが、タッチパッドに慣れるために、使い方を調べていたらこれを発見!そんな使い方もできるのか…と感動したものです。

 

つまりタッチパッドの面積だって広い、All-in-one Keyboard「N9Z-00029」を使って慣れれば、本当にマウスがいらなくなりますよね。これひとつ置いておくだけで、それなりの作業ができてしまうわけですから。

 

テンキーがついていないから不便だけど慣れたら広々机が使える

もともとキーボードの中にはテンキーといわれる、数字だけが書かれた部分がついているキーボードがあります。僕自身事務もやっているので、テンキーがついたキーボードがどれだけ便利かわかっていますが、そのせいで逆に机の大半をキーボードで占領してしまうんですよね…。

 

それがイヤだからタッチパッド付のキーボードを探していたのもあって、all-in-one keyboardにしたわけです。テンキーの代わりにタッチパッドがついているだけですが、余計なものがないので、予想以上にスペースが広くとれますよ。

 

  1. とにかくマウスがなくなるから作業スペースが広くなる
  2. テンキーがないから困る人もいるかも…

 

MicrosoftのAll-in-one Keyboard「N9Z-00029」を使って良かった点をレビュー

all-in-one keyboard N9Z-00029 レビュー キーボード ファンクションキー Microsoft タッチパッド 赤いライン 矢印と文章 うまく紹介

というわけで実際に使って1か月以上たったので、レビューすることにしました。最初に書いているように、たしかにマウスを使わなくても、とくに不便はなく、キーボードだけで操作ができます。マウスのスペースがなくなったのでかなり広くなりましたよ。

 

他の機器が必要ないうえに無線だから持ち運びもしやすい

もともとスペースを広くするために買ってみたのですが、思ったよりもコンパクトで、それなりの大きさのバッグにもスッポリ納まります。つまり持ち運ぶことも可能で、大きい画面で作業するときに役立ちました。

 

ノートパソコンというのもあってできる方法ですが、画面を開かなくても作業ができるということは、バッテリーの節電にもなります。

 

キーボードとマウスをそれぞれ運んで、それなりの場所を確保する必要があったのが、キーボードだけでいいので膝の上で作業ができるんですよ!

メガネさん
これは本当に大きな変化だな…とちょっと感動したくらいです

 

個人的にキータッチが好み!ノートパソコンのキーボードに慣れているなら相性抜群!

そして実際に触らないとわからないキーボードの感触。これも予想以上に良かったので、ポイント大!ノートパソコンのキータッチに似ていて、個人的に変な力が入らず、ササっとタイピングができました

 

レビューを見た段階で紹介されていたことですが、こればかりは好みによって大きく違いますからね。

 

中にはall-in-one keyboardのキータッチは、ベコベコすぎてダメ…なんて声もあって、ちょっと不安にはなっていましたが、僕個人としてはかなり相性がよかったです。

 

むしろ前使っていたキーボードはカチカチする硬めのものだったので、余計にそのギャップで好感触だったのかもしれません。

メガネさん
本当にこればかりは、記事を読んでもわからなかったけど買って良かった…

 

左の片隅にクリックできるところがあってドラッグなどが便利

とにかく使いやすいと感じたall-in-one keyboard「N9Z-00029」。タッチパッドで作業するにあたって、ちょっと不便に感じたのがドラッグです。

 

これはタッチパッドの欠点で、クリックのスイッチは下側のベコベコした部分。これを押しながらドラッグしていきます。

 

これが僕個人好きではなかったので、どうにか改善できないかと思って、よくキーボードを見てみたら左の片隅にマウスのマークが…。なんとクリックボタンになっていて、押した感触はキーボードのキータッチに似て、ちょっと固いくらい

 

左側にあるので右手の邪魔にならず、スムーズにドラッグができるんです。

メガネさん
タッチパッドの欠点がなくなったと思っていいくらいでした

 

タッチパッドの上にあるメニューボタンを変えられる

さらにall-in-one keyboardを使ってよかったのは、タッチパッドの上にあるメニューボタンの操作内容を、変えられるところ。

 

タッチパッドとは基本的にマウスと同じと思っていいですから、結構な頻度でそのスペースに手を置いています。

 

その上部分でなにか操作ができると、何かと作業の効率がアップできて、便利になりますよ。ちなみに3つあるうちの1番右にあるホームボタンが変更可能で、僕はブラウザの戻るボタンにしているんです。

 

仕事上ブラウザで調べものをよくしているので、よく使うボタンとなっています。

メガネさん
こういうちょっとしたひと手間が、作業の効率を上げていくんですよね(ドヤァ)
  1. 持ち運びだってしやすいから大画面で操作が気軽にできる
  2. キータッチがノートパソコンのように軽い
  3. ドラッグがしやすくするために左端にクリックボタン
  4. タッチパッドの上にメニューボタン!変更も可能!

 

MicrosoftのAll-in-one Keyboard「N9Z-00029」を使って気になった点をレビュー

all-in-one keyboard N9Z-00029 レビュー キーボード ファンクションキー Microsoft タッチパッド 色がヤバイ… 悪いところを紹介 紫色

たしかに便利なall-in-one keyboardですが、本来なかった場所にタッチパネルがあることで、逆にデメリットになっている面があるんです。

 

もともとキーボードとタッチパッドが合体しているタイプが少ないのは、使い勝手が悪いと思う人が多いから。とくにタッチパッドに場所を確保するために、ボタンひとつひとつがちょっと狭く感じました…。

 

タッチパッドが敏感すぎる…設定を変えないと勝手にクリックしてしまう…

All-in-one keyboardの欠点は、とにかくキーの配置に問題があるのでは?と思うんですよね。タッチパッドにトン!と当たったらクリック操作をしてしまい、このキーボードの欠点でもある誤操作が目立つところ。

 

これはエンターキーのすぐ横にタッチパネルがあるからでしょう。ずっとキーボードを見ながら作業をするわけでないので、入力中にカーソルがいきなり違うところにいってしまうことなんて、最初のうちは結構ありました。

 

あまりタッチパネルに触れないように、意識しながら作業をしたほうがいいかもしれませんね。

 

方向キーがかなり小さい…慣れるまでかなり不便…

これもタッチパッドを広くとったからこそ起こった欠点で、ちょっとしかないスペースに方向キーを、詰めて配置しているから。

 

たしかにタッチパッドが広いのは魅力的ですが、逆にそれが仇となって、ボタンひとつひとつが小さくなっているのがわかります。

 

パッと見ただけでも小さいのがわかったので、それを承知で使っていたのですが、やっぱり気になってしまいました。今ではそれなりに慣れましたが、最初はストレスがたまるかもしれませんね。

 

まあスペースを確保するためには、我慢も必要だというわけです。

 

  1. キーの配置に問題あり…タッチパッドの誤操作が多い
  2. 方向キーがかなり小さい…慣れるまでが大変

 

ファンクションキーってそんなに気になる?あまり使わなかったので調べてみた

all-in-one keyboard N9Z-00029 レビュー キーボード ファンクションキー Microsoft タッチパッド 赤枠で囲む 知らなかった裏技 無知は怖い

All-in-one keyboardを使っていて、とくに気にしなかったのですが、購入する前にレビュー記事で目にしたファンクションキー。

 

これが使いにくいという声が多く、評価を下げている記事が多くありました。もともとキーボードについているものが多く、マウスでカーソルを合わせなくても、その操作ができてしまうんだとか。

 

パソコンに詳しくなったので知りませんでしたが、なくても操作はできますよね。でもせっかくall-in-one keyboardを使うのもあって、ちょっと調べてみたんです。

 

ロックを外さないとF1などの標準キーは使えない…その外し方とは?

このキーボードの評価を下げているのは、Microsoftがこのキーボードに設定しているキーと、標準のファクションキーと違うから。

 

まず使いやすくするためにはロックを解除しなければいけないのですが、それは案外簡単で「Fn」+「Caps」キーを同時押すだけでOK!

 

そうすれば標準についているファンクションキーが使えるので、安心してくださいね。そしてこの標準のファンクションキーは以下の機能があり、これを見たらたしかに便利そう…。

 

全然知らない僕が見ても、今まで損をしていたな…なんて思いました(笑)

 

  1. F1キー:ヘルプなどが開く
  2. F2キー:ファイルやフォルダの名前変更
  3. F3キー:ファイルやフォルダを検索
  4. F4キー:アドレスバーを表示させる
  5. F5キー:表示しているウィンドウを更新
  6. F6キー:文字を変換するときにひらがなに変える
  7. F7キー:全角カタカナに文字を変える
  8. F8キー:半角のカタカナに文字を変える
  9. F9キー:全角のアルファベットに変える
  10. F10キー:半角のアルファベットに変える
  11. F11キー:表示しているウィンドウを全画面表示
  12. F12キー:officeソフトで名前をつけて保存

 

ちなみにFn + スペースキーでもPrintScreenが使える

ほとんどのキーボードにはprintscreenがついているものですが、all-in-one keyboardには、パッと見た感じその表示がありません。

 

これもレビュー記事でよく目にする評価を下げているポイントですが、Fn + スペースキーを押すだけでできるんですよ。

 

たしかに2つボタンを押すのは手間がかかってしまいますが、慣れてしまえばササっとできるようになったので、僕自身はあまり気になりませんでした。

 

もともとあまりprintscreenを使わないからかもしれませんが、スペースが広く使えたほうが、僕としてはうれしかったのでデメリットほどにはなりませんね。

 

Fn + 方向キーでページダウンなどの機能だって操作可能

マウスを使わないのなら、スクロースをするのが意外に大変に思ってしまうでしょう。

 

もちろんタッチパッドに指2本置いてスライドさせればササっとできてしまいますが、タイピングをしているときなど指がキーのところにあれば、キータッチで操作をしたくなりますよね。

 

そこでファンクションキーと方向キーで、スクロールをするクセをつけていたら、ストレスなくスクロールができるようになるんです。

 

ちょうど方向キーの横にファンクションキーがあるので、片手でスクロールができますが、方向キーが小さいのでちょっとやりにくいかもしれませんね。

 

  1. ファンクションキーの慣れるともっと便利になる

 

気になる点が少なくて便利だと思う!むしろファンクションキーを覚えたらもっと便利に!


さすがにMicrosoftが出しているだけあって、MicrosoftのAll-in-one Keyboard「N9Z-00029」は、操作性がいいと僕は思いました。

 

人によったら低評価にしているようですが、欠点を補う方法が用意されており、それをクセにしてしまえば問題ありません。

 

タッチパッドの感度が強いと誤操作に繋がってしまうので、Microsoft マウス キーボード センターで、設定を変えてあげてもいいでしょう。このソフトがあれば意外に助かるので、撮っておいて損はありませんよ。

メガネさん
底がしっかり密着できているので、ブレずに安定してタイピングができるのもgood!
  • この記事を書いた人

メガネさん

プロフィールページへ

元美容師が手荒れからWEBライターに転向。ひ弱ブロガーであるメガネさんが興味のある、カメラ(GF1)や美肌のことなどを書いています。

フォローはこちら

  スポンサーリンク  

  スポンサーリンク  

こちらもおすすめ


-ブログ運営
-, , , , , ,

Copyright© メガネ通信 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.