美容師になりたい人が悩む高校選びは大きく分けて2パターン考えられる

この記事は約9分で読めます。

美容師になりたい人の中で、高校選びに困っている人も少なくないでしょう。

美容師歴8年ほどの僕からして、高校選びは2パターンに分かれます。

とはいえ高校選びそのものには、仕事とあまり深い関わりがないので、基本的にどちらを選んでも失敗はありません。

その意味について詳しく紹介しています。

学生さんの中にはかっこよくて魅力的だからと、美容師になりたいと思っている人がいるでしょう。

ところが美容師になるためには、進路について考えないといけませんよね?

メガネさん
メガネさん

僕も美容師になるために、高校選びから慎重に選んでいたんだ。

 

結論から言ってしまうと、美容師になるためには、高校選びはそこまで重要ではなかったよ。

 

とはいえ、これから本気で美容師を目指すためには、間違えた選択をしたくないはずです。

そこで美容師を8年続けて、今はその経験からwebライターになった僕の経験から、正しい高校選びについて紹介しますね。

 

関連記事
美容師が独立して開業すれば準備から忙しい…準備物や流れとは?
美容師さんは暇な時間を作らないほうがいい!その理由とやるべき事
アシスタント美容師さんは忙しい!落ちぶれないための方法とは?
スポンサーリンク

質問:美容師になりたい人は高校へ行くべき?答えは2パターン

まず中学生くらいの人が美容師を目指すのなら、高校選びを考えるはずですよね?

 

そもそもこれから美容師になりたいと思っている人は、美容師がどんな仕事をしているのか、イメージしにくいかはずです。

次の記事で詳しく書いているので、あまり仕事内容がイメージできない人は読んでみてください。

 

 

そしてその内容をもとに、どんな高校を選べばいいのか、元美容師が2つのパターンを紹介しますね。

 

  • 普通科
  • 商業科

 

そもそもまだ高校選びをしている学生さんなら、美容師になるぞ!と、本気で進路を考えている人も少ないでしょう。

そのために2パターンを用意したので、高校選びの参考にしてみてください。

 

パターン01:迷っているなら普通科

高校選び以前に、本当に美容師になるべき?と迷っている人は、間違いなく普通科に言っておくべきです。

 

メガネさん
メガネさん

ここまでエラそうに言っていた僕だけど、高校選びをしていた頃は、美容師になる!

と自信をもって言えてなかったんだ。

 

だから迷っているあなたの気持ちもわかるよ。

学生さん

じゃあなんで普通科に進めるの?

メガネさん

それはたくさんの経験をしてから、本当に美容師でいいのか、考える時間が稼げるからだよ。

 

美容師になるのをためらっているのは、次の理由が考えられます。

 

  • 他のもやりたい事があるから
  • 美容師そのものになれる自信がない

 

つまり美容師になる決心がついていない状態です。

この状態で美容師になっても成果が出ないばかりか、後悔する可能性が高くなります。

 

そもそも美容師の仕事は、コツコツ練習する時間が大半なので、美容師が好きでないと続けられません。

 

そんな内容の記事があるので、まだ美容師になるべきか迷っている人は、参考にしてみてください!

実体験をもとに作っているので、説得力があるかと思います。

 

 

また普通科だと、大学に行くという選択もできるため、迷っていてもリスクが抑えられます

もちろん3年間で専門学校か大学か、どちらか決める必要があるので、必ずその期間内で決めておきましょう。

 

パターン02:美容師になりたいのなら商業科

もうひとつの高校選びのパターンは商業科です。

じつは僕自身高校は普通科へ行ってから、大学で商業の勉強をしました。

 

そしてその間に美容師の専門学校へ通っていたのですが、商業の勉強をしていてよかった…と思っています。

メガネさん
メガネさん

商業科というのは、名前のとおり商売について教えてくれる高校だよ。

普通科よりも仕事について、深く教えてくれるから、美容師として働くときに役立ちやすいね。

 

僕個人として思ったのは、商業科どちらかというと美容師というよりも、経営者目線の授業が多かったような気がします。

つまり美容師として独立をした際には、かなり役立つ内容の授業が多かったですね。

 

  • 本気で美容師になって独立したいのなら商業科
  • 迷っていて考える時間が欲しいなら普通科

 

結論:美容師になるのを迷っても高校選びは必須

高校選びについて紹介しましたが、冒頭で紹介したように、高校選びは重要ではないと紹介しました。

その理由は美容師としての仕事内容とは、直接的な関わりが少ないからです。

 

とはいえ、今の時代は高校へ行くのは必須だと感じています。

メガネさん
メガネさん

長い人生を考えたら、美容師一本だけというのは、少しリスクがありすぎるからね。

 

どの高校へ行ったとしても大きな違いがないから、重要ではないと言っただけだよ。

 

1度サロンへ行って、美容師さんに高校選びについて相談してみてください。

その際に出身高校がどんなところだったか聞くと、おそらくバラバラの答えが返ってくるはずです。

 

つまり高校選びよりも、美容師になってからの意気込みのほうが、個人的に大切だと思っているから。

現場で働くというところが、美容師で成果を出す秘訣になります。

 

学生さん

じゃあ高校を行かずに、美容師の専門学校へ行ったほうがいいのかな?

メガネさん
メガネさん

さっきの言い方だとそう考えるだろうけど、専門学校だけ行くとリスクが高いから、高校はまず行っておこう!

 

何が起こるかわからないからこそ、高卒というレッテルは持っておいて損はないよ!

 

こういうのには理由があります。

じつは僕が美容師をやめてしまったのは、手荒れが起こったから。

美容師をしていると、本当にどうなるのかわからないから、高校は出ておいて損はないですよ。

 

 

専門学校は国家資格の勉強をするところだから

そもそも高校選びをおすすめしている理由は、美容師の専門学校は、国家資格を取るための学校だからです。

専門学校を出たからといって、いきなり仕事ができるわけでもありません。

 

決められた科目を修了(単位を取得)すれば、理容師や美容師の国家試験受験資格を取得することができます。また国家試験を視野に入れた充実のカリキュラムで、合格を全面的にバックアップします。

※引用:窪田理容美容専門学校より

 

メガネさん
メガネさん

また美容師というのは、お客様商売だよね?

 

だからたくさんの人と出会って、いろんな経験をしておいたほうが、役立つことが多かったよ。

 

専門学校へ行く意味はないの?と思うかもしれませんが、それもまた違います。

自分に合った美容師の専門学校を選ぶと、その後に役立つので、次の内容が気になる人は次の記事を読んでみてくださいね。

 

  • 専門学校で勉強する内容
  • 通うメリット
  • どんな学生が多いのか? など

 

 

サロンへ入ってから美容師の実務を覚える

ここまでの内容を見て、美容師になりたい人は、今のうちに何をしたらいいの?と思いますよね?

少し焦ってしまう気持ちもわかりますが、今のうちは学生である立場を利用して、遊んでおくのがおすすめです。

 

その間に感じたことや経験が、美容師としてのあなたの価値観を作ります。

メガネさん
メガネさん

美容師になってからは、遊ぶ暇がほとんどないんだよ。

 

遊んだ経験というのは学生のうちしか築けないから、それも勉強のひとつだと思って、学生ライフを楽しんでね。

 

友達とたくさん遊んで、それが人脈となるケースもあります。

 

そして美容師になってサロンに就職できたら、そこから仕事を学んでしまったほうが、逆に吸収するスピードが全然違いますよ。

 

美容師から転職する可能性が高いのも大きな理由

高校選びをしたほうがいいもうひとつの理由は、美容師の離職率が高めだという点です。

 

手に職が付くから美容師はおすすめ!と言われていますが、実際に働いてみると、仕事内容のキツさから辞めてしまう人がたくさんいました。

 

『最新美容業界の動向とカラクリがよーくわかる本』(秀和システム 2010)

離職率についての記述はないが、関連の記述としてp28に「一つの美容室にとどまって働く期間=定着率は1.9~2.1年といわれます。」とあり。

※引用:レファレンス協同データベースより

 

詳しいデータがたくさんあるわけではありません。

しかしひとつのデータとしては就職できても2年ほどで、別のサロンに移る人が多いという内容もあります。

メガネさん
メガネさん

美容師として働けるかわからないためにも、たくさんの経験を積んでから、美容師になってもいいと思う。

 

手荒れのように、続けたくても続けられない美容師さんもいるくらい、何が起こるかわからないからね。

 

美容師しか経験していなかった人は、転職の際に困ったそうです

学生のうちにたくさん経験して、リスクが抑えられるように、いろんな経験をしておきましょう。

 

本気で美容師になりたい高校生はサロンでバイトを始めよう

美容師になりたい人のために、高校選びについて紹介してきました。

結論から言ってしまうと、どこの高校へ行ったとしても、あまり大差はありません。

メガネさん
メガネさん

学生さんの勉強と、美容師の仕事の内容とは、直接関わりがないからだね。

 

実務はサロンで覚えたほうが、即戦力になるからサロンに入ってしまうのが1番おすすめだよ。

 

アルバイトができる高校を選んで、実務を早くから覚えてしまうのが、1番おすすめの高校選びです。

とはいえ、美容師になったとしても、離職率が高い仕事だけに、リスクについても考えておきましょう。

 

別の業種を知ることや、将来の人生設計を考えてから、美容師になるための高校選びをしてくださいね。

仕事 美容師
スポンサーリンク

この記事を書いたのは…

メガネさん

元美容師webライター

美容師⇒手荒れ⇒Webライターと、波乱万丈な人生を楽しみながらブログ発信をしています。

メガネ通信 | 元美容師の雑記ブログ