フリーランスはきついけど仕事が好きになる働き方!【体験談あり】

フリーランス きつい 体験 仕事 働き方 男性が頭を抱えている デスクにパソコン 仕事
フリーランスに興味あるけど、働き方としてはきつい…なんて話をよく耳にするでしょう。たしかにそのとおりですが、フリーランスとして働いている人たちは、楽しみながら仕事をしているという体験が多く、そのことにも触れてみたいと思います。僕もきついとよく感じますが、楽しみも増えて仕事が好きになりましたよ。

「会社に行くのが苦痛でフリーランスになって自由に仕事がしたい…」なんていう人が、徐々に増えているような気がします。

 

ところが実際にフリーランスになってみて感じるのは「きつい!」の一言です。

 

いつからフリーランス=自由なんていうイメージが付いたかわかりませんが、安易な気持ちで続けられる働き方ではありません。

 

ところが僕としてもフリーランスを辞める気はありませんし、Twitter上のフリーランスの人たちも、むしろ仕事が好きになったという意見がたくさん出回っています。これは僕も同意見です!

メガネさん
メガネさん

きついのに仕事が好きになるなんて、言っていることが矛盾しているじゃん!と思いますよね?ではどのようなところがきつくて、好きな部分がどこか、Twitter上の体験なども見てみましょう。

 

スポンサーリンク

フリーランスがきつい体験談まとめてみた

フリーランス きつい 体験 仕事 働き方 男性が頭を抱える 外で考え事

まずフリーランスがきついという意見ですが、この意見がたくさん出回っているのは、実際にフリーランスとして働いた人が言っているようです。

 

もともとフリーランスはいきなりなるような人は少なく、社会人を経験してフリーランスに転職するパターンが多く、このギャップできついと感じるのかもしれませんね。

 

ちなみに僕は手荒れが発症したせいで、フリーランスとしての働き方しかありませんでした。よっぽどでないと、フリーランスに転職するケースは少ないでしょう。

メガネさん
メガネさん

逆に副業がうまくいって、そのままフリーランスになった人もいるでしょうが、これはかなりマレなケースだと思われます。ちなみに僕の過去についても記事にしているので、参考にしてみてください。

  1. フリーランスの僕が美容師から転職した理由とその魅力を語る | メガネ通信

 

フリーランスとしては夢の世界!ブロガーやアフィリエイト界では?

まずフリーランスとしての働き方として、誰もが夢見るのがブロガーやアフィリエイト。副業からフリーランスとして働き方を変えたら、どのように感じるのか気になりますよね?

 

僕自身もこのようにブロガーとして記事を書き続けていますが、まだまだ成果は出ていません。

 

ちなみに過去に10,000PV以上になった経験がありますが、Google神の変動によって1からやり直しています。

Google神
Google神

わしのせいかよ…貴様が勉強不足なだけよ…

 

ブロガーやアフィリエイトでの働き方とは、広告収入で収益を上げていき、それが安定しだすとフリーランスになれてしまうんです。

 

ところが僕のようにGoogleの変動などで、収益がガクッと減ってしまう可能性があります。

 

そうならないためには毎日記事を更新する必要があり、このストレスと記事更新などできついと感じてしまうようですね。

 

ちなみに僕はGoogleの変動で負の連鎖が起きないように、さまざまな対策を試しています。

 

Twitterも本格的に始めてみましたが、楽しいものですよ。そんな過去の記事があるので参考にしてみてください。

  1. GoogleからBingにSEO対策の変更するための登録方法と効果の違い | メガネ通信
  2. Twitterを活用して思った!フォロワー増やしながらブログ書け! | メガネ通信

 

ネットビジネス以外のフリーランスもきついみたい

ブロガーやアフィリエイトなどのネットビジネス以外でも、フリーランスはキツイといっている人も、探してみるとすぐに見つかります。

 

ネットビジネスの場合は広告収入のみで生活できますが、リアルビジネスだと収入と支出と計算しないといけません。

 

もともとフリーランスとは個人事業主と同じで、独立した状態と思ったほうがわかりやすいですね。すべて自分で収益などを計算する必要があり、さらに仕事もこなさないといけません

 

この手間と赤字にならないかというストレスとの戦いが、きついと感じてしまっているみたいですね。

 

そのネットビジネスのメリットがあるのもたしか。過去に記事にしているので、参考にしてみてください。

  1. ネットビジネスを使ってフリーランスになって感じたメリットは? | メガネ通信

 

体調を崩してしまうとフリーランスはさらにきつい

本来仕事をしていて、病気になってしまうと自宅で療養するなど、仕事を休むことができます。

 

ところがフリーランスの場合は自分ひとりで仕事をしているため、休むと収益がなくなってしまうんですよね…。

 

これが本当にきついところであり、どのフリーランスの方に話を聞いても、同じ答えが返ってくると断言できます。

 

病気でダウンする前に手を打つ必要があり、健康管理も全部自分で!この手間もフリーランスがきついと感じているわけです。

  1. ブロガーやアフィリエイターもフリーランスだときつい
  2. リアルビジネスのフリーランスも資金繰りがきつい
  3. 病気にならないように体調管理もすべて自分で!

 

現役フリーランスである僕が感じたきついと感じた体験

フリーランス きつい 体験 仕事 働き方 男性の悲壮感 白黒写真

僕個人としてはフリーランスとしての働き方が安定し始めていますが、きついと感じることがたくさんあります。

 

ちなみにwebライターとして仕事をもらって、それで生活がなんとかできているんですよね。

 

ところが上記のブロガーやアフィリエイターと同様、ネットビジネスという括りのため、変動が激しいと感じています

 

それをフリーランスとして働いていて、身にしているため、働き方をまだ模索しているんです。

 

そのひとつがコーディングといわれる、プログラミングの仕事。これをマスターするために、今も勉強しているのですが、仕事をしながらしているのできつくなってきました。

 

それでも仕事をしないと、収益が発生しないため、安易になるものではないといっておきます。

メガネさん
メガネさん

フリーランスのwebライターとして働いて、過去に体験した記事などがあるので、参考までにチェックしてみてくださいね。

  1. 底辺WEBライターである僕が収入を少しでも上げる努力をした結果 | メガネ通信
  2. フリーランスになって安定してから1年経過!振り返って思ったこと | メガネ通信

 

仕事を取りに行くのがきつい

まずwebライターとは、名前のとおりネット上で掲載される記事を、クライアントといわれる人から仕事を受注する働き方がメインです。

 

基本的にクラウドソーシングサイトから、募集している仕事に応募して、僕は仕事をしていました。

 

実績が付いてくると逆にクライアント様から仕事を回してくれますが、これはかなり後のこと。まだ僕はwebライターとして1年半以上ですが、自分から仕事を取りに行ったほうが早い状況です。

 

ちなみに完全に在宅で仕事を取っているのでこの流れで仕事をしていますが、オフィスなどに顔を出せるのならもっと効率よく仕事ができるでしょう。

 

どちらにしてもフリーランスだと、仕事を自分で取りに行く必要があるので、この手間がきついです。交渉や仕事内容の確認をしていると、作業をする時間が削られる上に、精神も削られます。

 

仕事量が多いときと少ないときの差が激しい

これはどのフリーランスでもあることでしょうが、収益を出せるかどうかというのがストレスで、精神的にきついと感じてしまうでしょう。

 

毎月の支払いが重荷になってしまい、フリーランスをやめてしまう人も多くいます。この問題は今でも僕自身の大きな課題になっており、さまざまな方法で収益を出すように試しているんです。

Webライターの仕事だけを取ってきたほうが、効率よく仕事ができるのでは?

 

こう思っている人も多いでしょうが、最初は僕もこう思っていました。

 

ところがひとつのクライアント様だけに頼っていると、仕事をもらえなくなった時に、収益がガクッと下がってしまったんですよね…。

 

この仕事がないタイミングで依頼を探しに行ってもよかったのですが、仕事をこなしているタイミングで大量に依頼がきたら、そのクライアント様の依頼を断らなくて行けないと思ったからです。

 

こんな環境に振り回されて「精神的にきつい」と感じてしまうのなら、仕事をもらえるところを増やしたほうがいいと、webライター以外のジャンルもこなすように決めました。

 

それくらい試行錯誤をしないと、安定して収益があげられないのが、フリーランスという働き方というのを知っておいてくださいね。

 

休みなんてないと感じることが多い

会社員で働いていると休日をもらえるのが当たり前ですが、フリーランスだと何度もいっているように、作業をしていないと報酬が発生しません。

 

休む暇があったら作業をしたほうが僕としては安心できます。もちろん休日は家族サービスのため、外出する場合が多いですが、仕事が気になって休まっているのか疑問

 

それくらい仕事のことばかり考えて、きついと感じていることがよくありました。今は何とか安定しているので、きついと感じるのは減りましたが、ここまで来るまではストレスの嵐でしたね。

  1. 仕事を自分で取りに行って仕事内容の確認から交渉までする
  2. 収入が安定するまではきついし、安定するとも限らない
  3. 仕事のことばかり考えて休みでもストレスを感じる

 

フリーランスはきついけど結局みんな仕事が大好き

フリーランス きつい 体験 仕事 働き方 女性が手を上げているシルエット かなりうれしそうに見える

ここまで仕事がきついというネガティブな体験を紹介しましたが、実際にフリーランスとして仕事をしている人のほとんどは、それでもフリーランスとして働き続けています。

 

きついとわかっていながら、続けられるのは楽しさもあるから。少なからず僕はそう思っていますが、結局フリーランスのみなさんも楽しく仕事をしているでしょう。

メガネさん
メガネさん

だからみんなフリーランスを夢見ているんだけど、この働き方には向き不向きがあるというわけね。どんなところが楽しいのか、フリーランスの皆さんの体験も一緒に紹介しますね。

 

きつい日を乗り越えた時の達成感

これは僕のツイートですが、とにかく仕事が楽しいと感じるのは、作業が終わった後に達成感。

 

自分では無理だろう…なんて思っていた仕事をこなせてしまうと、さらに達成感を感じてきついのを忘れてしまいます

 

それはあなたがMだからだろ!なんて言われそうなので、別の人のツイートも探してみると、意外に同じことを思っていましたよ。

 

 

ただの趣味で感じた達成感よりも、フリーランスだと仕事で作業をしているので、お金が必ず発生します。

 

当たり前ですがこのお金をもらったのと、難しい作業をこなしたという達成感は、フリーランスでしか味わえないですよ。

 

この感覚がわかってしまえば、フリーランスをやめられなくなってしまいます。きついのなんて、その仕事をしている時だけですよ。

 

成長が目に見えてわかるからきついのを忘れる

上の僕のツイートでも書いていますが、他のフリーランスの方も成長がわかったら、きついのが報われて仕事が楽しくなってしまうようです。

 

会社は自分のためだけでなく、会社のために成長する必要がありますが、フリーランスは自分で動いたからこそ成長を喜べます。

 

僕はwebライターとしてフリーランスとして仕事ができていますが、それだけでは物足りないと、コーディングの勉強ができているのはこのためです。

 

ちなみにコーディングについての記事があるので、興味がある人は挑戦してみてください!

  1. コーディング初心者のwebライターが勉強開始!HTMLやCSSとは? | メガネ通信

 

人生の大半である仕事が好きになった

フリーランスの限らず仕事をしていると、人生のほとんどを消費してしまいます。

 

上記でも紹介したようにフリーランスになると仕事をしている時間が、会社員よりも多いのですが、これが楽しくなってしまうんですよ。

 

これは先ほど紹介した自分の成長が、ダイレクト返ってくる喜びと、仕事の達成感などがあるからでしょう。

 

今までは僕は仕事よりも趣味に意識が行っていましたが、今では仕事のことばかり考えています。

 

ちなみにwebライターとしての仕事もそうですが、コーディングの勉強やブログなど、いろんなことに挑戦していきたいと考えているんですよね。

 

真剣に考えている時間が楽しくて仕方がありません。

  1. 仕事の達成感と成長が感じられて楽しくなってしまう
  2. 仕事が大好きなフリーランスが多い

 

フリーランスはきついけど相性がいいと天国な働き方

フリーランス きつい 体験 仕事 働き方 全員で踊っている 夕日がきれい

結局のところフリーランスがきついと感じるのは仕事中だけであって、それ以外は仕事が好きになってしまう人が、多いというのがわかったでしょうか?

 

僕自身も仕事が好きなると思っていませんでしたが、フリーランスになったら仕事大好き人間になってしまいました。

 

もともと好きなことを仕事にしているのもあると思いますが、これもフリーランスに特権。とにかく仕事が大好きなのには変わりがありません。

 

ところが逆にフリーランスから、会社員に戻ったという話もよく耳にします。つまりこれも相性の問題なのかもしれませんね。

メガネさん
メガネさん

全部自分で仕事をこなすのがきついから、誰でもおすすめできる働き方ではないのはたしか!しっかり考えてフリーランスを目指してみてくださいね。