アシスタント時代に美容師を辞めたい人は全力で仕事をするべき

美容師さんはアシスタント時代に、仕事を辞めたいと感じる人が多いようです。それは職場環境で、かなり変わってくると個人的に思っています。

そこで美容師さんが辞めたいと感じにくくするための方法を、過去の自分の体験をもとに、いくつか考えてみました。

ちなみに僕もアシスタントをしていた経験者なので参考になりやすいですよ。

美容師は、最初誰でもアシスタント時代を経験します。

ところがアシスタント時代というのは、精神的につらい時期でもあるため、辞めたいという気持ちになってしまう人も多いですよね?

 

メガネさん
メガネさん

僕もアシスタント時代に、手荒れが起こって美容師を辞めてしまったんだよ。

 

辞めたいわけではありませんでしたが、ストレスが溜まる気持ちはかなりわかるよ…。

Google神
Google神

美容師のアシスタント時代は、いろんな経験ができるが、理想とは全然違うから辞めたいと思うんじゃろうな。

 

本来ならこの時代を耐えて、スキルアップするのが理想です

美容師としてかなりレベルが高い技術者になれますが、なかなか現実はそうはいきません。

 

そこで美容師のアシスタントが、仕事を辞めたいと感じても、後悔がない選択ができるように、自分が経験したことも含めて紹介しますね。

 

スポンサーリンク

アシスタントの美容師が辞めたいと思う代表的な理由3つ

アシスタント美容師が辞めたいと感じるのは、基本的にほとんど同じ内容です。

もともと外の業種と違い、かなり変わっているのが美容師業界になります。

 

アシスタント美容師が働き始める頃の気持ち

  • 美容師として1人前になるぞ!
  • 技術を磨いて有名になるぞ!
  • お客様の髪をおしゃれにするぞ! など

 

こんな感じでモチベーションがかなり高い状態で、ほとんどアシスタント美容師は働き始めるでしょう。

ところがここまで夢を持って働いているからこそ、次の理由で全く逆の事を思い始めて、辞めたいという気持ちが強くなってしまいます。

メガネさん
メガネさん

夢がある仕事だから、理想と現実のギャップがすごいんだよ。

 

どちらにしてもアシスタントに限らず、美容師を辞める理由を考えているより、行動をしたほうが個人的にいいと思っています。

メガネさん
メガネさん

その気持ちを記事にしてみたよ。アシスタントの時期に、美容師を辞めたいと感じているなら、次の記事も読んでみてね。

 

 

手荒れで再起不能

これは僕がぶち当たった壁でもあります。

手荒れは美容師さんの中では特に多く、辞めたくなる気持ちもわからないでもありません。

 

メガネさん
メガネさん

なんと手荒れをおさえるために、いろんな方法を僕も考えて試してみたよ…。

Google神
Google神

でも結局は手荒れに1度なると、すぐにまた出てしまうから、美容師を辞めないといけなくなるじゃったな。

 

手荒れになってもある程度続ける美容師さんもいますが、手荒れのストレスから、辞めたくなる気持ちが強くなります

病院に行って相談しても、同じことを言われてしまうので、心が折れそうになるわけです。

メガネさん
メガネさん

薬剤から離れるしか、手荒れを治せないよ。美容師さんも大変だね。

 

ヘアカラー剤やパーマ剤など、何気に美容師さんは薬剤と触れ合う機会が多いから、どうしても手荒れは付き物です。

特にアシスタント美容師さんは、カットができない分、手荒れのリスクが高いから気を付けましょう。

 

給料が安すぎて割に合わない


次によく耳にする美容師を辞めたいという理由は、給料が他の業種より安いという点です。

これも過去の記事で紹介しているので、具体的にどれだけ安いのか、参考にしてみてくださいね。

 

結局のところ、美容師さんの給料が安いのは、サロン選びが重要だという点です。

これを間違えてしまうと、ただ給料が安いサロンで、精神を浪費してしまいますよ。

 

メガネさん
メガネさん

せっかく練習しても、サロンによってやり方とかが違うから、うまく活用できなかった…なんて話もあるからね。

Google神
Google神

じゃからサロン選びを慎重にして、スキルアップしやすい環境で働くのじゃ!

 

給料は何気に、仕事のモチベーションを上げる重要なポイントです。

美容師として働き始めた最初の頃は、あまり気にならないかもしれません。

 

ところが長期で見たらかなり重要です。

しっかりサロン選びをしてから、アシスタント時代を乗り切りましょう。

 

スタイリストにすぐになれない

これもスキル面での話ですね。

アシスタント時代が下積み時代だと考えたら、スタイリストは表舞台といった感じです。

 

ほとんどの美容師さんは、このスタイリストになるのが、最初の関門になります。

ところが結構な人数がアシスタント時代に辞めてしまい、折角の技術が水の泡なんて話もよくあるでしょう。

 

メガネさん
メガネさん

これもサロン選びを間違えてしまうと、アシスタント時代が長くなってしまうよ。

Google神
Google神

技術をしっかり教えてくれるサロンだといいが、見て覚えろ!的な昔ながらのサロンは大変じゃ。

 

アシスタント時代に辞める美容師さんの多くは、この理由が結構多かった印象です。

できる限り、早くスタイリストになれる環境に行きましょう。

 

アシスタントの美容師が辞める前に全力で仕事をする方法

アシスタント時代に美容師を辞めたいと感じるのは、次の3つが大きいと紹介しました。

 

  • 手荒れ
  • 給料
  • 練習環境

 

これらをクリアするためには、辞めたいという気持ちを少しでも抑えられる環境に、身を置くという事です。

 

つまり美容師として働いても、メンタルが弱くならないサロンを選べると、アシスタントからスタイリストに早くなれるでしょう。

メガネさん
メガネさん

そのためには、次の2つを意識すれば、美容師を辞めたいと感じにくくなるよ。

 

仕事のモチベーションを上げる

アシスタント美容師さんが辞めたいと感じるのは、仕事に対してのモチベーションが低い状態になっているからです。

つまりこのモチベーションを上げられるようになれば、アシスタント時代を乗り越えられて、スタイリストになれるでしょう。

 

このモチベーションを上げるためには、次の2つを把握して、サロン選びをしてみてください。

 

  • 給料がアップする仕組みがしっかり作られたサロン
  • 技術が覚えやすい練習環境が整ったサロン

 

結局のところ、アシスタント美容師さんが辞めたいと感じるのは、給料面と技術面のサポートが両立できていないサロンで、働いているからだと個人的に思います。

 

技術が早く覚えられれば、自然と給料が上がっていくサロン。これを聞くとすごく魅力を感じませんか?

そう感じるのなら、もしかするとあなたは今のサロンで、仕事のモチベーションを下がっているかもしれませんよ。

 

メガネさん
メガネさん

少しでもそう感じるのなら、サロンを変えてしまうのもひとつの方法だよ。

Google神
Google神

わざわざ美容師を辞めなくても、サロン選びがしっかりできれば、大好きな仕事が続けられるぞ。

 

また仕事のモチベーションを上げる方法は、他にもあります。

今のサロンで働きたいけど、モチベーションが上がらない人は、次の記事を参考に行動してみてくださいね。

 

人間関係をよくして楽しく仕事をする

いくら不満を持った美容師でも、人間関係がいいサロンで働いていたら、さすがにすぐに仕事を辞めたいと感じないでしょう。

そこで人間関係がいいサロンを見つけるのも、美容師を辞めなくて済むかなり有効な方法です。

 

メガネさん
メガネさん

でもそんなサロンを見つけるのは、かなり難しいよね。

Google神
Google神

確かに難しいが、職場の雰囲気がいいポイントを知っておくと、サロン選びが楽になるぞ。

 

人間関係がいいサロンを選ぶには、次のポイントをおさえておきましょう。

そしたらアシスタント時代を乗り越えやすくなりますよ。

 

  • 挨拶してきた美容師さんが笑顔
  • 気軽に会話をしている美容師さんが多い
  • 求人募集が多いほうではない

 

これだけではありませんが、どちらにしても実際にサロンに行ってみないと、人間関係がいいサロンかわかりません。

サロン見学に行くか、お客様として自分が髪を施術してもらえば、すぐにわかりますよ

 

ちなみに今働いているサロンを辞めたくない美容師さんは、できる限り人間関係をよくする方法も記事にしてあります。

それを参考に、楽しく仕事ができるようにしてみてくださいね。

 

美容師を辞めたいと感じたら辞めた後の事をよく考えよう

美容師さんが辞めたいと感じるのは、かなりの気持ちの変化がないと思わないでしょう。

それくらい美容師というのは、夢があって追い求めている人が多い職業な分、現実的に対策をしないといけません。

 

また辞めたいと感じてしまった人は、辞めた後の事も考えないと、後悔してしまう人も多くいるようです。

それも記事にしているので、アシスタント美容師さんも参考にしてみてください。

 

夢を追い求めていたからこそ、美容師さんは現実的な面を考えられない人が多くいるように感じられます。

特にキャリアアップのために、美容師をしているという自覚を持てば、少し冷静な判断ができるでしょう。

メガネさん
メガネさん

あくまで美容師も仕事だから、現実的に考えて転職するなら、挑戦するのもありですね。

 

この記事を書いたのは…

メガネさん

元美容師webライター

美容師⇒手荒れ⇒Webライターと、波乱万丈な人生を楽しみながらブログ発信をしています。

仕事美容師
スポンサーリンク
メガネ通信 | 元美容師の雑記ブログ