カットができない美容師さんはコミュ力と経験値を上げれば大丈夫

この記事は約9分で読めます。

カットができない美容師さんはたくさんいますよね?

僕はアシスタントであっても指名された経験があり、それなりに満足できていました。

自信がないなりに、カットをしていた経験もあります。

すると予想以上に喜んでくれた経験があるので、スキルアップの方法とポイントを紹介しますね。

ほとんどのアシスタント美容師さんは、カットができるようになるのが、最終的な目標になっているはずです。

ところがこのカットが、他の施術以上に難しくて、困っていないでしょうか?

メガネさん
メガネさん

僕もカットができるスタイリストになる前に、手荒れで辞めてしまったんだ。

 

練習を繰り返していると、コツが掴めそうな時に辞めてしまったから、すごく悔しかったな…。

 

しかしカットができない僕でも、一定のお客様から指名されていました。

それが次の記事なので、これも参考にしてみてください。

 

 

とはいえカットを早く習得したい美容師さんも多いので、過去に人気だった美容師さんを見て、マネしていた部分を紹介しますね。

 

関連記事
フリーランスになって安定してから1年経過!振り返って思ったこと
【要チェック】フリーランスを目指すあなたに伝えたい記事まとめ
まだ記事作成に消耗してるの?効率がアップするWordの段落機能の使い方
スポンサーリンク

カットができない美容師さんは多い!その原因は経験不足!

まずカットができない美容師さんは、勉強や練習量が圧倒的に少ないと感じます。

 

僕自身カットができていませんでしたが、練習量は当時のサロン内では、他の美容師さんより多かった記憶がありますね。

メガネさん
メガネさん

僕の記憶では、仕事が6時前後で終わったら、その後に8時くらいまで練習をしてたな。

 

その後にその練習内容をノートに残して、復習のために家で読んでいたよ。

 

もちろんたくさん練習すればいいわけではありません。

お客様の要望に応えられるくらいに、スキルアップできていればいいので、効率的に技術力が上がるようにすればいいわけです。

 

お客様の要望にたくさん応えられる技術力が身に付くまで、ひたすら経験を積む!

 

また自分ひとりで練習をして、ある程度できるようになれば、人間の頭を使って練習をしましょう。

この経験値が多い人は、応用力が高くなります。

メガネさん
メガネさん

これは美容師歴30年以上の母が言っていたことを、そのまま僕もそのまま実践していたんだ。

 

だから営業が終わってから、友達の頭を借りて練習をしていたよ。

 

ここまで続けていると応用力が身に付いて、カットができるようになります。

 

そもそもカットができる技術力がないと、給料が安くて報われません。

モチベーションが低下して、ますます練習ができなくなってしまうので、あまりに給料が安いサロンでは働かないようにしましょう

 

次の記事で具体的な内容が書かれています。

カット以外のすべて施術ができるのに、給料が安いと感じる美容師さんは参考にしてみてください。

 

 

カットができない美容師さんの特徴はコミュ力

カットができない美容師さんは、技術力と同時に、コミュニケーション能力が低い傾向です。

ちなみにコミュニケーション能力と言っても、ただ話が面白いだけではいけません。

 

カットができるようになるコミュ力とは、要望を細かく聞き取れる能力を指します。

メガネさん
メガネさん

過去に見てきた美容師さんの中には、話が苦手なのに人気が高い人がいたんだ。

 

その人を見ていると、よく話を聞いてカットを丁寧にしていた印象があったよ。

 

僕もあまり会話が得意でなかったので、聞き役に回ることがほとんどでした。

むしろそれを意識したほうが、カットができる関係なく、お客様から指名される機械が増えた経験があります。

美容師さん

人見知りだから、あまり自信がないな…。

 

僕も人見知りで困りましたが、次の記事で紹介している方法で、自信がついて成果が出てきました。

参考にして、実践でとり入れてみてくださいね。

 

 

それに合わせて技術力も高くないとカットはできない

聞き役に回る方法について紹介してきましたが、上記で紹介している記事を参考に営業で頑張ってみると、カットができなくても意外になんとかなります。

それくらい希望を引き出せるように、聞くコミュ力を高めたほうが、カットができるようになった時に役立つはずです。

 

ちなみに僕は友達の頭を使って練習している時に、次のような変化に気付くようになりました。

 

  1. 希望がわかってもカットで再現できない
  2. 技術力を上げるために毎日練習
  3. 自分が思い描いたカットに近づく
  4. いつの間にかカットが終わる時間が短くなる

 

つまり聞く力だけでなく、カットの技術にも慣れていけば、自然と納得のいくカットができるようになります。

メガネさん
メガネさん

コミュ力を高めるのも、毎日意識してお客様との会話を続ければ、自然と身に付いたよ。

 

それに毎日の練習が加われば、いつの間にかカットができるようになったといった感じだね。

 

お客様の希望を引き出せるコミュ力があれば何とかなる

逆にいえば話を聞くコミュ力が高いと、できない技術だとわかれば、先輩美容師さんに変わってもらう事もできます。

つまり失敗の頻度も減らせられるので、コミュ力を上げていれば、意外に何とかなるものです。

メガネさん
メガネさん

自分のボーダーラインを知っていれば、失敗を防ぐことができるのが、聞く力が高い美容師さんの特権だね。

 

もちろん自分の技術力がどの程度の物なのか、それも把握していないと、失敗する可能性が高くなります。

だからこそ僕はノートにメモを残して、自分の技術力がどの程度なのか、把握していたわけです。

 

聞くコミュ力を上げて失敗を減らすと同時に、自分の技術力も把握する!

 

美容師さんのカット力を高める方法は2つだけ!

ではカットができない美容師さんのスキルを上げるためには、どのような方法で練習すればいいのか、気になる美容師さんも多いでしょう。

 

じつは基本的にモチベーションを維持させる事だけ集中して、後は指定されたカットの練習を続けるしか、カットのスキルアップの方法はありません。

メガネさん
メガネさん

カット以外の施術は基本的にゴールが見えやすいけど、カットだけは終わりがないくらい幅広いんだよね。

 

だから上級者でも、コツコツ続けていないと、カットができなくなってしまうんだ。

 

カットの上級者でもコツコツ続ける必要があるということは、これからカットを覚える美容師さんは、さらにモチベーションを上げたほうがいいでしょう。

そこで僕が見習い時代に、モチベーションを上げる方法を見つけていたので、それを参考に練習を続けてみてください。

 

 

これを把握できたら、後は以下の2つを続けてカットのスキルアップをしましょう。

 

  • たくさんの人間の頭をカットしまくる
  • イメージができるけどカットができないなら勉強する

 

つまり技術を高める方法と、座学で基本を覚える方法の2種類ですね。

 

とにかく場数を踏むしか方法はない

カットの技術力を上げるためには、たくさんの頭をカットするしか方法はありません。

とくに次のような髪は人間の頭でしか経験が積めないので、友達に頼むか、積極的にお客様にカットをさせてもらいましょう。

 

  • くせ毛
  • 生え方が独特な髪
  • 薄毛 など

 

僕の場合は、1人の友達の頭をスムーズにカットができるようになるまで、2年ほどかかりました

ちなみにカットをするのは2ヶ月に1回ほどなので、24回ほど続けたわけですね。

メガネさん
メガネさん

1人のお客様の頭がカットできるようになるには、そう時間はかからないよ。

 

もちろんたくさんの頭を触る必要があるから、実質的にもっと時間がかかるけど、そう考えると、少し気持ちが楽になるよね。

 

カットができない技術があれば勉強あるのみ

場数を踏むと、なんとなくカットのイメージがわきやすくなるでしょう。。

ところがカットの時間がかかりすぎて、お客様に迷惑がかかってしまうケースがあります。

メガネさん
メガネさん

僕もカットに時間をかけすぎて、指名されなくなった経験があるんだ。

 

もちろん話自体が盛り上がって、楽しく接客できているつもりでも、時間をかけているとよくないケースはたくさんあったよ。

 

そこで早く効率よくカットするために、技術を覚えていましょう。

そんな勉強ができるようになると、さらに上達が早くなるだけでなく、カットそのものが面白くなりますよ。

 

基本僕は「TOMOTOMO」という、美容師専門の雑誌を読んで、カットについて調べていました。

これからカットを勉強する人は、参考にしてみてください。

 

カットができないと嘆く美容師さんは自信を持とう

カットができなくてもお客様の中には、カットの技術力だけでなく、次のような傾向で指名してくれるケースはいくらでも僕自身ありました。

 

  • 会話が楽しい
  • 丁寧に施術をしてくれて嬉しい
  • 希望通りにしてくれたら何でもいい

 

そう考えるとカットはセンスだけでなく、お客様の要望をうまく聞きだせるか、聞くコミュ力が必要になります。

この記事を読んでいるあなたは、カットができないわけでなく、カットに自信がないだけかもしれません。

メガネさん
メガネさん

僕自身そう考えた時期もあったけど、次の記事のような感じで、センスは努力次第でどうとでもなると実感しました。

 

カットができないアシスタントだったけど、指名されていたからね。

 

 

どちらにせよ技術力を高めるために、練習と勉強は必要になってきます。

コツコツ続けられるように、モチベーションを高める努力はしたほうがいいですよ。

仕事美容師
スポンサーリンク

この記事を書いたのは…

メガネさん

元美容師webライター

美容師⇒手荒れ⇒Webライターと、波乱万丈な人生を楽しみながらブログ発信をしています。

メガネ通信 | 元美容師の雑記ブログ