美容師が独立して開業すれば準備から忙しい…準備物や流れとは?

この記事は約14分で読めます。

美容師さんが独立して美容室を開業するには、必要になってくるものが意外にたくさんあります。

今から独立をしようとしているけど、まだ美容室の開業にむけて、まだ準備ができていない美容師さんに必見です。

開業のための準備物や、独立についての考え方を、美容室の運営を関わっている僕が紹介します。

独立を目標にしている美容師さんは、美容室を開業しようと考えていますよね?

美容室の開業には何気に手間がかかるだけでなく、必要になるものもたくさんあります。

 

美容師さん
美容師さん

独立するには、そんなにハードルが高いの?

メガネさん
メガネさん

流れを把握しておけば、そこまで難しい話ではないよ!だから今回は準備物と、開業までの流れについて見てみよう!

 

独立をするために何が必要なのか、そこまで理解していない美容師さんは参考にしてみてください。

 

ちなみに美容師さんは、40代で引退という話をよく耳にしますよね?

その前の年齢である30代のうちに、独立を準備するか、別の道を見つけたほうがいいですよ。

 

詳しくは30代の美容師さんについての記事で紹介しているので、まだ準備を始めていない美容師さんは、これからの道を考えて直してみましょう。

 

 

関連記事
新米美容師さんほど気配りをしたほうがいい!意識するポイントと方法
美容師さんはブロッキングを甘く見ない!国家試験と仕事の違いも紹介
パソコンを使うならFenrirFSでフォルダ整理!使い方なども紹介
スポンサーリンク

美容師が独立する前に準備するべき内容

美容師さんが独立をするためには、開業前にしておくべき事がたくさんあります。

その忙しい時期に入る前に、予め準備物を揃えておくと、安心して開業準備ができます。

 

しかも独立して美容室を開業するとなると、ザックリ1,000万円用意しないといけません。

 

美容師さん
美容師さん

そんなに資金を用意しないといけないの?

メガネさん
メガネさん

独立するのにハードルが高いと感じた美容師さんは、フリーランスという働き方もあるから、どの形で独立をするのもアリだよ。

 

美容室を開業するだけが、独立の方法ではありません。

そこで働き方についての記事で、開業して独立するという流れ以外も紹介しています。

資金を用意するのが苦しいと思った美容師さんは、この記事も参考にしてみてください。

 

 

では本題である美容室を開業して独立するための、準備物を紹介しますね。

もちろん開業資金の調達についても、ある程度紹介しています。

 

スムーズに開業するための必要書類

では独立をスムーズにするためには、書類を用意しておきましょう。

次のように大きく分けて4種類の書類があるので、それぞれ確認しておいてください。

 

独立して開業するために必要な提出書類

  • 保健所に提出する書類
  • 税金関係の書類
  • 人を雇う場合の書類
  • 借入を行うための書類

 

ではそれぞれどのように提出するべきか、詳しく見てみましょう。

 

開業に必要な提出書類を先に準備しておく

上記で紹介した書類の中でも、美容室を開業するにあたって、絶対に必要になるものがあります。

それが次の種類です。

 

独立して開業する場合の絶対必要な書類

  • 保健所に提出する書類
  • 税金関係の書類

 

これらの種類は、提出しないと美容室を開業できません。

本格的に開業の準備に入る前に、用意しておくと提出のし忘れをしなくてすみます。

 

まず保険所に提出する書類は、かなり多くあるので、次を確認しておきましょう。

 

開業する前に保健所へ提出するもの

  • 開設届
  • 施設の平面図
  • 設備・構造の概要
  • 従業員の名簿
  • 従業員全員の健康診断書
  • 従業員全員の美容師免許

※引用:美容室を開業する際に必要な届出・手続き一覧 | SALONスターターより

 

保健所では開業する美容室が、衛生管理ができているのか確認を行います。

そのために上記の書類が必要になるので、準備する前から書類をもらっておきましょう。

 

またこれらを提出するには、開業する1週間前までに、すべて提出を済ませておく必要があります。

 

美容院を開業する場合、開業予定日の1週間前までに、保健所への届出を行う必要がある。

※引用:J-Net21 | 中小企業ビジネス支援サイトより

 

次に税金に関する書類も提出しないといけないので、次の種類ももらっておくと安心です。

 

税金に関する書類

  • 個人事業の開廃業届出書…税務署
  • 事業開始等申告書…都道府県税事務所

※引用:美容室を開業する際に必要な届出・手続き一覧 | SALONスターターより

 

税務署と各都道府県にある税事務所から、必要書類をもらっておきましょう。

 

これらが独立した際に、個人美容室を開業する場合であっても、準備しておかないといけない書類です。

ちなみに誰かを雇って美容室を開業する場合は、次の書類も必要になります。

 

人を雇う予定の人が提出する書類

  • 給与支払い事務所等の開設届出書…税務署
  • 労働保険 保険関係成立届…労働基準監督署
  • 労働保険 概算保険料申告書…労働基準監督署
  • 雇用保険適用事業所設置届…ハローワーク
  • 雇用保険被保険者資格取得届…ハローワーク

※引用:美容室を開業する際に必要な届出・手続き一覧 | SALONスターターより

 

労基とハローワークにも行かないといけないので、人を雇う予定で独立する美容師さんは、さらに忙しくなりますよ。

 

書類以外にも準備すると安心なもの

絶対に必要な種類を準備できたら、次にあると便利なものを紹介するので、準備しておきましょう。

もちろんなくても美容室を開業できますが、個人的に準備しておいてほしいですね。

 

メガネさん
メガネさん

じつは美容室を開業すると、意外とお金が必要になるんだ。だから今から紹介するのは、借入に必要になる書類になるよ。

美容師さん
美容師さん

まだ準備するものがあるの?独立って大変だな…。

 

借り入れの際に必要になる書類

  • 借入申込書
  • 創業計画書

 

これらが必要になってくるから、事前に作っておきましょう。

自作するのが面倒な美容師さんは、タカラベルモント様のサイトでダウンロードできるので、使ってみてくださいね。

 

ちなみにこの他にも、次の2つを作っておくと、借入でもっと困らならなくなります。

 

借入の時にあったら便利なもの

  • 開業スケジュール
  • 事業計画書

 

つまり借入をする予定なら、これらの4つを用意すると安心できるわけです。

 

銀行などから借入をする自信がないのなら、日本政策金融公庫を利用しましょう。

比較的借りやすいから、美容師さんの独立の際に役立ちます。

 

独立前に経営者として考え方を変えよう

美容師さんが独立する際に、準備物を揃えると同時に、経営者としての考え方にシフトしてほしいと考えています。

それは今の美容師としての状態で独立しても、うまくいくという発想の人がいるからです。

 

 

この人がツイートしているように、「独立=儲かる」という発想は辞めましょう。

たしかに雇われていた頃より、収入がアップする可能性は高くなりますが、考え方を変えないと独立する意味はありません。

 

その理由については、独立に関する考え方に関する記事で、詳しく紹介しています。

特に独立して開業を目指す人には、目を通してもらいたいですね。

メガネさん
メガネさん

僕も最初は美容師をしていて、今は美容室の運営に携わっているんだけど、そんなに甘くない世界だと感じているよ。

 

 

美容師さんが独立の準備後に開業するまでの流れ

上記で紹介した準備物を用意できたら、流れについて見てみましょう。

準備した書類を提出するだけでなく、意外にやるべきことが多いので、早めに済ませておくのがおすすめです。

メガネさん
メガネさん

まだ独立をしていないのなら、その時点で動いていたほうが、開業の時に焦らなくてよくなるよ。

 

①資金計画と事業計画を作成

まず開業をする前に、どのくらいの資金が必要なのか、資金計画を練っておくと安心です。

 

メガネさん
メガネさん

そもそも経営で1番大事な工程だと思うよ。

美容師さん
美容師さん

お金がなくなれば、独立しても苦しくなるだけだもんね。

 

ちなみに資金計画とは、次のように借入のためにも使われるので、準備しておいて損はないものになります。

 

開業にあたっては、資金がいくら必要で、それをどう調達するかを検討しなければなりません。これを「資金計画」といいます。

※引用:中小企業庁「夢を実現する創業」問7より

 

事業計画は名前のとおり、開業してからの仕組みや目標など、これも借入で提出する書類に含まれます。

早めに用意しておけば、何かあった際に役立つでしょう。

 

メガネさん
メガネさん

というより美容室を開業する美容師さんの多くは、借入をするだろうから必需品だね。

美容師さん
美容師さん

でもどうやって書いたらいいの?

 

書き方がわからない人は、次の日本政策金融公庫のページに詳しく書かれていました。

 

②開業のためのスケジュールを作ってテナント探し開始

資金計画や事業計画ができるようになったら、次は開業のためのスケジュールをたててしまいましょう。

上記で紹介した準備物を提出するスケジュールや、開業のためにしなければいけない内容を、ここで具体的に決めてしまいます。

 

どのようにスケジュールを書けばいいの?という人は、もタカラベルモント様のサイトでテンプレをダウンロードできます。

 

③店舗を作ってくれる業者と必要な機器も探す

これから紹介する流れは、スケジュールを決める際の参考にしてみてください。

 

次に店舗に必要になってくる備品集めをすれば、安心して開業できるようになります。

備品と言っても、美容師さんが使うものは、意外と高額で早めに手に入れておいたほうがいいでしょう。

 

独立すれば必要になる機器

  • カットのための椅子やシャンプー台
  • デジタルパーマなどの機器
  • ワゴン
  • 加温機
  • ドライヤーやヘアアイロン
  • ホットカーラー
  • ボイラーなどの設備

 

パッと思いついたものだけでも、上記のようにたくさんあります。

もちろんこれ以外でも、あなたがいつも使っている備品があるのなら、早めに調達しておいてくださいね。

 

④融資を申し込んで施工業者にサロンデザインも決めていく

最初に用意した書類が揃ったら、次に融資を申し込んで、どの程度の予算が使えるのか確認しておいてください。

その金額をもとに美容室のデザインなどを決めてしまいましょう。

 

店舗を作るには施工業者が必要なので、信頼のおける業者を探すのも大切です。

 

メガネさん
メガネさん

美容室は一生使っていくから、悪徳業者を利用すると、絶対に後で欠陥が見つかるよ。

美容師さん
美容師さん

建物の修理ってかなりするから、業者選びはかなり重要だよね。

 

⑤サロンのメニューを作りつつ人員が必要ならスタッフも募集

店舗の話が進んできたら、次にサロンのメニューもある程度考えておきましょう。

事業計画をすでに作ってあるので、美容室の雰囲気に合わせたメニュー作りもしやすいはずです。

 

ここで適当に事業計画を作っていると、メニュー作りに時間がかかります。

 

とはいえじっくり考えるべきポイントなので、時間がかかっても問題ありません。

 

それと同時に人員を確保する予定の美容師さんは、募集をかけて従業員を探すのもこのタイミングがベストです。

 

⑥開業の手続きを各公共機関に申請する

メニュー作りがある程度できる前でもいいので、早めに開業の手続きを済ませるのも重要です。

次の場所へ、開業に必要な書類を出しに行ってくださいね。

 

提出するべき公共機関

  • 税務署
  • 保健所
  • 都道府県税事務所
  • ハローワーク
  • 労働基準監督署

 

すべて提出い終えたら、残すは実務的な内容ばかりです。

独立して開業するのは、意外にすぐですよ。

 

⑦広告やサイトの作成をして新規顧客の集客

開業までに集客するのも忘れずに行っておきましょう。

 

メガネさん
メガネさん

集客の方法はたくさんあるけど、個人的にSNSを使った方法がおすすめだよ!

美容師さん
美容師さん

ホットペッパーとかのフリーペーパーじゃないんだ…。

 

美容室を開業してからの集客は、かなり大事です。

もちろんフリーペーパーなどの方法も、今の時代開業の集客でも有効でしょう。

 

しかし費用がそれなりにかかるだけでなく、似たようなライバル美容室がいれば、消耗してしまう可能性もあります。

だからこそ無料でできるSNSでの集客も同時に行えば有効です。

 

美容師さん
美容師さん

でも無料なんだったら、あまり効果がないんじゃない?

メガネさん
メガネさん

たしかに適当に運用してしまうと、SNSは全然効果がないよ。

 

成功事例と一緒に、SNSの運用に付いての記事があるから、それを見て開業前にフォロワー数を増やしておこう!

 

 

⑧税金などの管理が面倒なら会計事務所も探す

美容師さんが独立して、美容室を開業すれば、髪の技術や知識だけでは食べていけません。

じつは税金などの専門知識も覚えていないと、利益がかなり少なくなってしまいます。

 

美容師さん
美容師さん

税金に関する知識なんて、勉強する暇がないよ…。

メガネさん
メガネさん

だったら会計事務所や税理士事務所などで、プロに任してしまおう。

 

担当者によって対応の仕方が全然違うので、相性のいい事務所を探すにも重要です。

 

正しく納付しているつもりが担当者が適当に処理していて、税金をたくさん支払わなければいけなくなった経験が、僕自身ありました。

信頼できる人をみつけて、安心して美容室の経営できるようにしましょう。

 

準備中の美容師さんは独立すれば安心と思わないでください!

美容師さんは早く独立したいという思いもあるでしょう。

自分の好きなように仕事ができると、たしかにストレスなくて、魅力的な働き方できます。

 

ところが独立すれば、儲かるという話ではありません。

 

メガネさん
メガネさん

さっきの税金の話ではないけど、失敗すれば全て自分の責任!

 

そうならないためにも、「独立=儲かる」という発想はやめよう!

美容師さん
美容師さん

やり方次第では、借金ばかり作ってしまうかもしれないし、美容師以外に転職するのもきついよね。

 

もちろん独立すれば、今の収入よりもたくさんもらえる可能性も秘めています。

独立で儲かる方法についての記事で、詳しく紹介しているので、準備が整った人は参考にしてみてください。

 

仕事 美容師
スポンサーリンク

この記事を書いたのは…

メガネさん

元美容師webライター

美容師⇒手荒れ⇒Webライターと、波乱万丈な人生を楽しみながらブログ発信をしています。

メガネ通信 | 元美容師の雑記ブログ