美容師さんは下積みが長いと感じてない?美容室との相性がよくないよ

この記事は約15分で読めます。

美容師さんの下積みは、今では3年ほどと言われています。

これが長く感じる人は、おそらく今働いている美容室と相性がよくありません。

労働環境だけでなく、目標と合っていない可能性もあるので、ストレスがあまりにも感じる人は美容室を変わりましょう。

もちろん辞めずに下積みを脱出する方法も紹介します。

美容師さんの中には下積み時代が長いと、嘆いている人もいますよね?

結論から言ってしまうと、長いと感じた時点で美容室を変えたほうがいいかもしれません。

 

美容師さん
美容師さん

一般的には下積みが長いかもしれないけど、最近の美容室は短くなってきているよね?

メガネさん
メガネさん

そもそも僕はアシスタント歴が8年もあったけど、下積みが長いと感じなかったけどな…。

 

 

以下で下積みの期間について、詳しく紹介しますが、平均して3年ほどが下積み時代とされています。

これが長いと感じるか、短いと感じるかは、人によって違うでしょう。

 

そこで下積み時代が長いと感じる美容師さんのために、次の2パターンを紹介します。

 

下積みが長いと感じる美容師さんの対策

  • 美容室を辞めて相性のいいところを探す
  • 毎日の仕事を充実させて長いと感じなくさせる

 

この2つが最適な対策です。

今回は下積みについての紹介と、対策について紹介するので、悩んでいる美容師さんは参考にしてみてくださいね。

 

ちなみにここでいう下積みとは、アシスタント美容師を指します。

これから美容師を目指す人は、アシスタント美容師さんの仕事内容を把握しておくと、この記事の理解度がアップできますよ。

 

 

関連記事
美容師になりたい人が悩む高校選びは大きく分けて2パターン考えられる
【経験談あり】美容師の専門学校の選び方と通信制との違いも紹介
美容師が楽しくないのは課題から逃げている!事例から学ぶ対処法を紹介
スポンサーリンク

美容師さんの下積みとはどの程度?美容室によって違いがある

美容師さんの下積み時代が長いと、ストレスを溜めている人も少なくないでしょう。

それは下積みであるアシスタント美容師さんの仕事内容が多くて、きついからです。

 

美容師さん
美容師さん

美容師さん以外でも、下積み時代というのは、どの仕事でもきついもんね。

メガネさん
メガネさん

美容師さんは、接客業と技術職の両方をこなすから、余計に疲れるというのもわからなくもないよ。

 

それでも僕自身、アシスタント美容師時代は、楽しく仕事ができていました。

 

それどころか、8年もアシスタント美容師として働いたんですよね。

大きな不満もなく、デビューできないまま手荒れでリタイアしてしまいましたが、今でも満足しています。

 

メガネさん
メガネさん

美容師について詳しくない人のために、下積み時代に何をしているのか、美容師さんの現状を詳しく紹介するね。

美容師さん
美容師さん

何気にアシスタント美容師さんは忙しいからな…。

 

ここでいう下積みとはアシスタント美容師さんを指す

上記で何度も紹介しましたが、下積みというのは、アシスタント美容師である期間を指します。

アシスタント美容師というのは、スタイリスト美容師さんのサポートをするのが仕事です。

 

美容師さん
美容師さん

サポートと言っても、いろんな事をするよね?

メガネさん
メガネさん

スタイリスト美容師さんの手が空かない時は、アシスタント美容師さんが全部しちゃうからね。

 

大手サロンの場合は、スタイリスト美容師さんの専属アシスタントをしますが、一般的な美容室ではほとんどのスタイリスト美容師さんのアシスタント業務をこなします。

 

ちなみにアシスタント業務って何?という人は、次の仕事内容に関しての記事で、詳しく紹介しているので参考にしてみてください。

 

 

下積み時代が忙しいのは、すべてスタイリスト美容師さんのアシスタント業務を、ほとんど1人でこなさないといけないから!

 

大半の美容室では下積み期間が2~3年

上記では美容師さんの下積み時代が、3年ほどと紹介しました。

僕が現役の頃でも、そのくらいでスタイリストデビューする美容師さんが増えていたらしく、美容師専門の雑誌でもよく紹介されていたのを思い出します。

 

メガネさん
メガネさん

スタイリストに早くなりたかったわけではなかったけど、スタイリストデビューが早いと、なぜか羨ましいと思っちゃってたんだよ。

美容師さん
美容師さん

それよりなんでそんなにデビューするのが早いんだろう…。

 

ちなみに3年以内で下積みが終わる仕組みを設けた美容室は、100店舗中92店舗です。

次のサイトでアンケートを取ったようで、データとして残してくれていました。

 

スタイリストにデビューするまで何年かかるのか?

デビューする年数
1年2店舗
2年24店舗
3年66店舗
4年6店舗
5年2店舗

※引用:スタイリストデビューまで何年?100店舗調査!より

 

つまり今の美容室では、ほとんどで3年以内に下積みが終わってしまうわけです。

 

メガネさん
メガネさん

ここまで早く下積みが時代が終わるのは、若い人が早くに辞めてしまうからだと思うんだ。

 

それを食い止める意味でも、早くデビューさせちゃうのかな?

美容師さん
美容師さん

せっかく美容師さんを育てても、辞められたら意味なくなっちゃうもんね…。

 

その他にも早くデビューさせて、お客様の髪を触りながら、技術を伸ばす教育方針を取るという声もあります。

昔と今とでは下積みという捉え方も、少しずつ変わっているんでしょうね。

 

アシスタント美容師さんの負担を減らして、スタイリストデビューを早めている可能性がある!

 

【蛇足】スタイリストデビューできても変わらない環境

上記の表を見ればわかるように、今の下積みと昔の下積みに違いがあるのがわかるでしょう。

スタイリストデビューが3年となり、すぐにカットができる美容師さんが増えているわけです。

 

今と昔の下積み時代の違い

昔の下積み
  • 見て覚えろという教えが主流
  • デビューが長かった
  • アシスタント業務が多すぎる
  • ウィッグのテストに合格しないといけない
今の下積み
  • マニュアル通りに技術を覚える
  • デビューまでの期間が短い
  • スタイリスト美容師さんも雑務をする
  • お客様の髪を触りながら技術を覚える

 

ザックリまとめてみましたが、今の美容師さんの下積み時代は、かなり昔と変わってきています。

この大きな理由は、美容師の人手不足でしょう。

働きながら仕事を覚えてもらわないと、仕事が回らなくなっているわけです。

 

メガネさん
メガネさん

でも逆に個人美容室では、手が足りているところもあるので、そこでは昔の下積み時代の名残が残っているみたいだよ。

美容師さん
美容師さん

そうなの?下積みが長いなんて可愛そう…。

 

可愛そうという思うのは人それぞれでしょうが、僕個人からしたら、これからの美容師さんのほうが大変だと思っています。

それは人手不足で、下積みとスタイリストとしての仕事内容が、ほとんど変わりがなくなってきているからです。

 


これはそのような意図でツイートしたわけではないでしょうが、今の美容師さんの考え方に近いと思います。

 

スタイリストデビューしたからといって、今までの下積み業務がなくなるわけでありません。

美容室全体で助け合おうという精神で、これから仕事をするのが今の美容室運営の主流です。

 

スタイリストデビューをしたからといって、下積み業務がなくなるわけではない。そこには美容師の人手不足問題が隠れている。

 

美容師の下積みが長すぎる理由

美容師さんの下積み時代が、昔より短くなっているのに、今でも美容師さんの下積み期間が長いと感じている人もいるでしょう。

 

 

Twitterで検索をしてみても、美容師さんの下積みが長いという声がたくさんありました。

 

メガネさん
メガネさん

3年で長いとか、僕からしたら全然そう感じないけど、この考えは一般的ではないのかな?

美容師さん
美容師さん

感じ方は人それぞれだけど、毎日同じ練習を3年続けるのは苦痛よね。

 

僕個人としては、美容師の仕事そのものが面白かったので、下積みが長いとは感じませんでした。

 

下積みが長いと感じる人は、少なくとも不満が溜まった状態ですよね?

そこでその不満を少しでも抑えるために、対策などを紹介するので、美容室は辞めたくないけど下積みを早く卒業したい人は参考にしてみてください。

 

練習や勉強に時間をかけすぎる

過去に僕は8年もアシスタント美容師をしており、下積み時代が長かったわけですが、それを苦痛と感じませんでした。

もちろん下積みが長いと感じないどころか、今のままでいいくらいの満足感があったくらいです。

 

では、美容師さんの中には、下積みが長いとストレスが溜まってしまうのか?

 

それはまず下積み時代が長いと感じる人は、練習や勉強がストレスになっている可能性が高いからです。

 

メガネさん
メガネさん

下積み時代は、確かにスタイリスト美容師さんよりも、練習量が多くなっちゃうよ。

 

それでも練習や勉強が苦痛になってしまうと、美容師として仕事が続けられなくなってしまうよ。

美容師さん
美容師さん

私も練習が好きなほうではないけど、苦痛までは感じないかな…。

 

そもそも美容師という仕事は、一生練習を続けないといけない職種です。

長期間ストレスを抱えながら、練習を続けるのは嫌ですよね?

 

そこで目標を掲げて、効率よく練習をしてから、下積みから脱出するのはいかがでしょうか?

目標の立て方がわからない人は、次の目標についての記事で、効率よく練習する方法に付いても紹介しています。

 

 

ここでも少し触れておきます。

大きく分けて今の美容師さんは、3つの目標を立てられるはずです。

 

3つの目標

  • 独立
  • フリーランス
  • カリスマ美容師

 

それぞれ必要な能力が違うので、練習や勉強すべき内容が、少しずつ違いが出てきます。

ピンポイントで必要な勉強を続けて、効率よく脱下積みをするのが、この方法の特徴です。

 

美容師さん
美容師さん

全部の技術を覚えると、会得するのに時間がかかって、下積みが長くなるわけね。

メガネさん
メガネさん

しかも目標が明確にないと、やる気も全然でなくなるから一石二鳥だよ。

 

モチベーションが低くてランクアップできない

先程もやる気について紹介しましたが、モチベーションによって、下積み時代のストレスの溜まり方に違いが出てくるはずです。

そこでモチベーションの上げ方についても、過去に紹介した方法を元に、3パターンに分けて紹介します。

 

やる気そのものが上がらない

まずやる気そのものが出ない人は、個人的に仕事ばかりやりすぎている可能性があります。

僕自身がそうだったのでわかりますが、仕事ばかりしているのに成果が出ないと、やる気が出ません。

 

メガネさん
メガネさん

仕事人間あるあるかもね。そもそも仕事が好きだからよかったけど、成果が出ないと、いくら仕事が好きでもやる気がでなくなるんだよ。

美容師さん
美容師さん

仕事が好きな時点で、かなり羨ましい能力ね。

 

ここで僕はやる気を上げるために、練習の一環として、友達を呼んで練習をしていました。

その方法を使えば、少なくとも練習でストレスが溜まるのを抑えられます。

 

もっと具体的な方法については、次の挫折対策の記事で紹介しているので、やる気が出ない美容師さんはチェックしてみてくださいね。

 

 

給料が安くてやる気が出ない

美容師の下積み時代は、特に給料が安い状態です。

これが原因でやる気が出ない人もいるでしょう。

 

 

このツイートを見ればわかるように、給料が上がらない美容室でいると、次のような負のサイクルが始まってしまいます。

 

給料が上がらないと起こる負のサイクル

  1. 給料が安くてやる気がでない
  2. 出世できない
  3. 給料が上がらない
  4. 以後1~3を繰り返す

 

もちろん頑張れば、給料が上がって練習などのやる気も上がるでしょう。

ところが、その最初の段階で躓いてしまうと、下積みから脱出ができません。

 

そもそも下積みという立場そのものにストレスが溜まっているのなら、その美容室と相性がよくない可能性が高いと感じます。

 

そこで給料が安くない美容室に変わってしまうのもおすすめです。

 

美容師さん
美容師さん

美容業界全体が給料安いから、どこに行っても同じじゃないの?

メガネさん
メガネさん

確かにそんな噂が多いけど、探せば高い給料で美容師ができるところもあるよ。

 

もちろん下積み時代は安いかもしれないけど、美容師を大事にしているところは、仕組みが違うからね。

 

そんな美容室の探し方については、次の美容師さんの給料が安いという記事で紹介しています。

 

 

努力していても出世できなくてモチベーションが上がらない

やる気が上がらない美容師さんの中には、いくら努力をしても成果が出ない人もいますよね?

そうなってくると、下積み期間が長いと感じるのも納得できます。

 

美容師さん
美容師さん

努力したからといって、誰でも成功するとは限らないもんね。

メガネさん
メガネさん

でも努力が報われないわけではないから、正しい努力をしているのか、やり方を見直すいい機会だよ。

 

努力が報われないと思っている時点で、何かしら努力ができる人なのに間違いは無いでしょう。

そこで今いるポジションで、正しい努力ができているのか、再確認してみてください。

 

出世についての記事で紹介しているので、アシスタント美容師さんは参考にしてみてください。

 

 

下積み時代が長くても美容師をやめると考えずに続けたほうがいい

下積み時代が長いと、美容師さんは強くなります。

その経験があるからこそ、どんなに難しいお客様が来ても、ストレスなく冷静に対処ができるようになるでしょう。

 

メガネさん
メガネさん

僕も大変な時期があったから、その経験を使ってwebライターなどで、仕事を貰えるようになったんだ。

美容師さん
美容師さん

違う業種なのに成果が出るのなら、同じ美容師さんで出世する人は、もっと活かしやすいよね。

 

そもそも下積みが長いと感じるのは、今の職場に不満を持っているからですよね?

そのストレスを減らすだけでも、下積みのストレスが減らせられます。

 

  • 効率よく練習や勉強をする
  • モチベーションを落とさない

 

基本的にこれらを意識して、毎日美容師の仕事を続けていると、下積みであっても楽しくなるものです。

 

もちろん無理にしない程度に、仕事を続けましょう。

ストレスを溜めると、あまり体にもよくないので、辞めて別サロンで下積みをしたほうがいいケースもあります。

 

やめる時に悩んでしまう人は、次のやめるタイミングのついての記事も参考にしてみてください。

 

仕事 美容師
スポンサーリンク

この記事を書いたのは…

メガネさん

元美容師webライター

美容師⇒手荒れ⇒Webライターと、波乱万丈な人生を楽しみながらブログ発信をしています。

メガネ通信 | 元美容師の雑記ブログ