美容師さんが人間関係でやめるのを悩まないための方法も紹介

美容師さんは、人間同士で仕事をする職種だけに、人間関係が悪くなると辞めたくなる気持ちもわかります。

ところが人間関係を理由に、美容師そのものを辞めてしまうのは、かなり勿体ないと思ったので記事にしました。

人間関係をよくする方法はあまりありませんが、意識を変えるだけで、かなり気持ちが楽になりますよ。

美容師というのは、離職率が高いと言われており、やめる人が多い業種でもあります。

その中でも人間関係が悪くなり、仕事のモチベーションが下がってやめてしまう美容師さんも、それなりの多くいるようです。

 

そこで美容師をやめる前に、少しでも気持ちが楽になる方法を、少し考えてみました。

次のような境遇の美容師さんは、参考にしてみてください。

 

  • これから人間関係をこじらせたくない人
  • まだ最悪の人間関係になっていない人
  • 人間関係はある程度我慢できる人

 

ちなみにこの方法は、僕がギリギリまでやってみた方法です。

最終的には美容師をやめていますが、それは手荒れが原因で人間関係ではありません。

メガネさん
メガネさん

1度人間関係がこじれて、サロンをやめた経験もあるので、参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク

美容師さんが人間関係でサロンをやめる理由

美容師さんが人間関係でやめてしまうのは、仕事がスムーズにできなくなり、場合によったらお客様に迷惑がかかってしまいますよね。

 

メガネさん
メガネさん

僕の経験から言ってしまうと、ほとんどの場合が、次の3つが原因で人間関係が悪化していました。

Google神
Google神

どちらかというと、美容師さん同士と、オーナーに対しての事の2パターンじゃな。

 

  • 不満がたまってやめる
  • 派閥ができて面倒臭い
  • オーナーのワンマン経営

 

これらが原因で人間関係をこじらせて、面倒になってやめるといった感じですね。

 

美容師に限らず、どこで働いても人間関係は付き物ですが、美容師さんは特にストレスを感じる職業でしょう。

そこでどのような経緯で人間関係が悪化するのか見てみて、少しでも対処法があるのか、自分の中で検証してみました。

 

理由01:不満をため込みすぎて爆発

美容師さんは日々の業務で、人間関係に悩まされています。美容師さん同士だけでなく、お客様の接客でも気を遣いながら施術をしているわけです。

今思うと美容師さんは大変な割に、給料が安いですよね?

 

だからこそ不満が溜まりやすく、人間関係は特にストレスの対象です。

次の内容は人間関係がこじれやすい原因の一部。不満をため込まずに、誰かに相談できればいいんですけど、なかなか話が理解できる美容師さんはいないですよね?

 

  • プライドのぶつかり合いがすごい
  • 営業ノルマのプレッシャー
  • 要領がいい人を見ると羨ましくて悔しい
  • 店長になったらすごい重荷

 

サロンの中では美容師さん同士を競争させて、順位を付けています。

これを見て自分がどの程度の実力があるのか、把握できてしまうのが最初のストレスです。

なぜか美容師さんには、プライドが高い人が多くいるため、これが人間関係を悪くさせています

 

メガネさん
メガネさん

掲示されている順位を見て、不満があれば八つ当たりなど、結構よく見かけたよ。

Google神
Google神

男女関係なく、ドロドロしているサロンはよくあるそうじゃな…。

 

また店長になると、ノルマが関わってくるので、それも人間関係を悪くさせる原因のひとつですね。

 

メガネさん
メガネさん

要領がいい人だと、なんかスムーズにスタイリストになれて、悔しい思いをした経験もあったね。

Google神
Google神

その分、店長のストレスも半端ないの…。

 

これも修行のひとつと考えてひたすら営業に出ても、ある時に不満が爆発して、急に営業に来なくなる美容師さんもよくいました。

その時は残った美容師さんで、仕事を回さないといけません。

これも不満が溜まって、みんなで愚痴合戦なんてのも、よくある話ではないでしょうか?

 

メガネさん
メガネさん

今思うと、不満が溜まって美容師やめるくらいなら、バックレもアリだったのかもしれないな。

Google神
Google神

体が壊れてからでは、遅くないからの…。

何も人間関係で言えないなら、不満が溜まりきる前にバックレるのもあり!

 

理由02:派閥ができて面倒になる

美容師さん同士のもめ事には、派閥単位で起こってしまうんですよね。

大規模な店舗だと、グループで組んでお客様を回す場合があるため、自然と派閥ができます。

 

メガネさん
メガネさん

サロン内には別グループでも、中のいい美容師さんがいたら、色々と面倒になる…。

Google神
Google神

じゃがサロンの中には、上下関係を大切にする美容師さんもいるじゃろう?それは大変じゃな。

 

もちろんもめ事だけでなく、技術のレベルに差がありすぎて、足を引っ張られた…など、グループ内でも色々あるみたいです。

ほとんど人と関わる美容師さんは、どこにいても、人間関係が付き物ですね。

 

メガネさん
メガネさん

この対策としたら、個人プレイができる立ち位置まで、自分がのし上がるしかないよな…。

Google神
Google神

要するに、アシスタントからスタイリストになって、1人で仕事をしても不自由なくすればいいわけじゃな!

スタイリストになって、1人でも仕事ができるようになる!

 

理由03:オーナーのワンマンっぷりに激怒

美容師さんとオーナー側とのトラブルも、よくある話ですね。

そもそもオーナーと美容師さんは、立ち位置が違うので、気持ちがわかってもらえない事なんてよくあります。

 

立ち位置
美容師さん営業の現場
オーナー経営(考えるだけ)

 

オーナーの気持ちはわかるけど、実際にその作戦をしたら、お客様が離れるだろ!とツッコミを入れたくなる話もよくありました。

もちろん美容師さんサイドから意見できたらいいのですが、サロンによったら話すら聞いてもらえず、むしろいじめに合うケースもあるようです。

 

メガネさん
メガネさん

ここまでワンマンだと、美容師さんがやめるのも納得…。

Google神
Google神

人間関係というより、サロンそのものが悪いから、すぐやめて正解じゃな。

ワンマン経営ならすぐにやめてしまったほうが、かなり得!

 

美容師をやめる前に人間関係で悩まないための方法

人間関係で美容師をやめてしまうのは、個人的にかなり勿体ないと感じています。

 

そもそも美容師というのは、手に職ともいわれるほど技術職です。

つまりスキルが身につけば、それなりに1人でも食べていける、他の業種でも珍しい特徴を持っています。

 

だからこそある程度スキルが身についてから、別のサロンで働くなど、美容師をやめずに仕事ができる方法なんてたくさんはずです。

そこでまたスキルが身に付いていない人は、次の対策をしてみてください。

メガネさん
メガネさん

ちなみに僕はスキルを持っていませんが、知識だけは持っていたので、webライターとして働けているんだ。

 

何かを極めると、色々なところで役立つので、少し頑張ろう!

 

早くスタイリストに出世する事だけを考える

スタイリストになる事だけを考えて、ひたすら技術を身に付けましょう。

これだけで人間関係が気にならなくなるので、意外に技術だけが身に付いていきます。

 

またある程度技術が身に付いたら、そのサロンをやめると決めておくと、気持ちが楽になるでしょう。

じつはアシスタント時代というのが、美容師さんの中でしんどい時期だと、個人的に思います。

 

 

技術が身に付けば、自然とお客様と接する時間が増える分、美容師さん同士の人間関係が少しは楽になるはずです。

上記でも紹介しましたが、スタイリストになれるように、仕事と割り切って技術を磨きましょう。

 

別のサロンに転職してしまうのもひとつの方法

先ほども紹介しましたが、美容師をやめるのではなく、サロンをやめてしまうのもひとつの方法です。

人間関係に悩まされた経験談を紹介しましたが、この人間関係というのは、サロン内だけの話ですよね。

 

つまり別のサロンに変わってしまえば、人間関係の悩みはリセットされて、気持ちが楽になるでしょう。

 

 

別のサロンに代わる際に注意する点は、人間関係が最初から悪いサロンに行かない事です。

これを防ぐためには、サロン見学を予めしておきましょう。

どのような雰囲気で仕事をしているのか見れば、ある程度美容師さんを経験していればわかるはずです。

 

サロン見学できないのなら、お客様として来店してしまえばいいでしょう。

 

あえて人間関係に揉まれて成長してからやめる

ストレス強い美容師さんなら、ある程度悪い人間関係に揉まれて、それからやめてしまうのもおすすめです。

ドロドロになっているサロンである程度揉まれたら、他の仕事場に行ったとしても、そこまでキツく感じなくなります

 

メガネさん
メガネさん

美容師さんのドロドロは、他の業種ではあまりないと思うからね!(偏見)

Google神
Google神

社会勉強だと思えば、いい経験ができると思うが、無理は絶対にいかんぞ!

 

あまりおすすめはしませんが、人間を鍛えるにはいい方法だと思います。

もちろんその分、美容師としてのスキルも高められると、さらにいい美容師さんになれるでしょう。

 

美容師さんの人間関係は大変だけどやめるならタイミングをよく見よう

美容師さんの人間関係は、人との繋がりが大切な業種だけに、ドロドロとなりがちです。

そこでやめようと考えたなら、ある程度先々の事もよく考えましょう。

 

  • 今後は美容師として働くのか?
  • 別の業種に転職するのか?
  • スキルを身に付けてどうなりたいのか?

 

これらを考えたら、どのタイミングでやめるべきか考えられるはずです。

人間関係が悪いから、すぐやめるのではなく、できる限りでいいのでしっかり考えましょう。

メガネさん
メガネさん

あくまで仕事なんだから、やめて死にはしないけど、せっかく身に付けた技術を無駄にしないでね。

 

この記事を書いたのは…

メガネさん

元美容師webライター

美容師⇒手荒れ⇒Webライターと、波乱万丈な人生を楽しみながらブログ発信をしています。

仕事美容師
スポンサーリンク
メガネ通信 | 元美容師の雑記ブログ