美容師は人見知りが多い?おすすめの会話術と対処法でマイペースに解消

この記事は約8分で読めます。

美容師さんは意外にも人見知りが多くいるため、解消できれば強みになります。

ところが僕の経験上、無理に解消させようとすると、緊張してお客様にそれが伝わってしまうんです。

そこで僕が勝手に考案した対策をしてみると、意外にもアシスタントでも指名してもらえるようになりました。その方法を紹介しますね。

人見知りの美容師さんは、どうしてもお客様とうまくコミュニケーションがとれず、悩んでしまいますよね?

じつは僕も元美容師で、しかも人見知りだったので、すごく気持ちがわかります。

 

メガネさん
メガネさん

最初はほとんどお客様が初対面で、何を話したらいいかわからなかったよ。

Google神
Google神

じゃが仕事だと、何も話さないわけにはいかないの。

 

そこで少しでもお客様にストレスがかからないように、自分なりの努力をした記憶があります。

 

もちろん最初は「自分は美容師に向いていないのかも…」と、落ち込んでいました

そもそも美容師に向いていない人はいません。

 

そんな内容を記事にしてまとめてあるので、人見知りで落ち込んでいる人は、次の記事を読んでみてください。

 

 

それでもほとんどの美容師さんは、人見知りを治したいと思っているでしょうから、僕が取り組んだ無理のない対策などを紹介します

メガネさん
メガネさん

こう見えてもアシスタント時代でも、指名してくれるお客様がいたから、人見知りは克服できたと思っていたんだ。

 

関連記事
すべての美容師さんはやめる理由を考えているけど全部ムダ!
webライターをしてみてわかった仕事で使うパソコンのスペック
凡人webライターがクラウドソーシングの収入を公開!分散化に成功した模様
スポンサーリンク

美容師なのに人見知りしてしまう人は多いけど大事な技術

人見知りというのは、初対面や出会って間もない人と一緒にいると、どう対応したらいいかわからなくなる人です。

僕もそのひとりで、美容師という仕事に苦戦していました。

メガネさん
メガネさん

ほとんどの場合は、お客様と初対面だよね?つまり人見知りは美容師さんにとって、かなり痛手な性格だと思うよ。

 

そもそも美容師さんは、お客様に髪型を似合うように努力しないといけません。

そのためには会話が必須スキルであり、人見知りの性格が邪魔になってしまいます

メガネさん
メガネさん

どれだけ美容師には会話が必要か、まとめてみたよ。

 

やばい…と思うかもしれないけど、逆にこれを見て発想を転換してもらえば幸いだよ。

 

情報収集が会話の目的

まずお客様の会話で1番重要な部分が、情報収集です。

次のように、お客様がどんな生活を送っているのか把握して、髪型を提案できるようになれば、お客様との信頼関係が築きやすくなります。

 

会話でどんな部分を見極めるか?

  • お客様の性格
  • 生活習慣
  • 仕事内容 など

 

情報収集をする意味で会話をすると考えれば、人見知りであっても、仕事と割り切りやすいですよね?

僕は少なからず、そう考えるとまだ気持ちが楽になりました。

 

メガネさん
メガネさん

ただ会話をして仲良くなるだけだと、なぜか人見知りがひどくなるけど、仕事だと意識すれば目標が達成できれば会話を辞めていいからね。

Google神
Google神

考え方ひとつで、人見知りは解消できるのかもしれんの。

 

自分を覚えてもらう手段のひとつ

もちろん美容師という仕事は、ただ情報収集して終了だと、一定のお客様にはいい気がされません。

 

また美容師サイドにとっても、顔を覚えてもらえないので、少しでもいい印象を持ってもらう会話をしましょう

そこで僕が試していた、ひとつの方法を紹介します。

 

いい印象をもってもらうための方法

  • 咳をしたらアメを渡すなどの気遣い
  • 聞き役になってストレス発散してもらう
  • 悩みをさりげなくアドバイス など

 

会話の途中で咳が出てしまう人もいましたが、その際はすぐにアメをあげていました。

会話中は喉が乾燥しやすいので、意外と感謝されるケースが多かったですよ。

 

また聞き役になると、女性のお客様からは喜んでもらえるケースが多かったですね。

しかも人見知りからしたら、自分から話さなくていいので、すごく楽でおすすめです。

 

さらに悩みを聞きだせたら、サラッとアドバイスすれば、信頼関係も築けて指名につながりやすくなります。

メガネさん
メガネさん

美容師さんは指名されたなんぼの世界だよね。

 

そこでその他にも、指名される方法をまとめた記事があるので、チェックしてみてね。

 

 

無理せずコミュニケーションをとるのが1番

ここまで人見知りを治すための方法を、僕の経験談として紹介してきましたが、最終的には無理のない範囲で会話をするのが1番でした。

 

そもそも人見知りの時点で、無理に会話をしていると、お客様にそれが伝わって気まずい雰囲気になるんですよね…。

メガネさん
メガネさん

むしろ人見知りあるあるだね。デメリットしかないから、無理に会話はしなくてOKだよ。

 

これを意識するだけでも、かなり気持ちが楽になるだけでなく、もっとメリットがありました。

それは自分に合ったお客様と出会えるからです。

 

自然体で話をしていると、会話の数や質など、自分に合ったお客様と仲良くなれます。

つまり仕事が楽しくなるわけですね。

 

まとめると人見知りができる会話術は、次のように自分に合ったお客様が増えます

 

人見知りでも最高の効果が出る会話

  • 必要最小限の情報収集
  • いい印象を与える会話や気遣い
  • 無理をしない程度の会話

 

これでいつもよりはストレスなく、しかも成果にもつながりやすくなりました。

 

人見知り美容師さんが少しでもコミュ力が上がる方法

上記でも人見知りが少しでもよくなる方法も紹介しましたが、まだまだあれだけでは満足できない美容師さんもいるはずです。

そこである程度のレベルまで会話ができるようになった僕が、実践してみた方法も紹介します。

 

質問してみてお客様の反応を見る

1番人見知りが簡単にできるお客様との会話術は、とにかく質問から始める方法です。

そもそもコミュニケーションとは、相手が話をしてもらえる雰囲気を作るのが大事と、何かの講習で教わった経験があります。

 

しかも次のように人見知りにとって、かなりメリットがある方法なのでおすすめですよ。

 

質問から会話を始めるメリット

  • 相手が話をリードしてくれるからかなり楽
  • 聞き役にまわれる
  • 反応によっては技術を黙々と続けられる

 

なるべく人見知りは、自分から会話をしたくないですが、質問から始めるとお客様から会話をしてくれます

最悪話の道筋を立てなくていいので、かなり楽です。

 

そして聞き役に回れると、一部の女性のお客様だと、ストレス発散になります。

つまりいい印象を与えやすい手法だというわけです。

メガネさん
メガネさん

あまり会話をしたくないお客様だと、質問後の反応を見ればすぐわかるよ。

 

その場合は会話を中断して作業に集中すればいいだけ。

 

お客様の情報がゲットできたら会話をやめる

質問をして情報がゲットできれば、後は会話をやめてしまった問題ありません。

人見知りは無理をして会話をすれば、相手に伝わると上記でも紹介しました。

 

だからこそ、必要最低限で会話を中断させたほうが、相手にも自然に見えてコミュ力が高く見えます

メガネさん
メガネさん

しかも技術に集中しているように見えるから、お客様としても安心してくれるよ。

 

本当は会話ができないから、会話を中断させただけなのに、一石二鳥ですよね?

無理に会話をしなくていいのは、技術職である美容師の仕事をしているからです。

 

1日10人と会話…など目標を決めて数をこなす

少なくとも美容師という仕事の枠組みで、人見知りを解消させるには、場数を踏めばなんとかなります。

そこで1日に10人など、目標を決めて会話に注目すると、達成感も出て続けやすいですよ。

メガネさん
メガネさん

結局無理は禁物だから、自分のできる範囲で人数を決めてみてね。

 

ゲーム感覚で楽しみながら会話を続けていると、いつの間にか人見知りがなくなってきます。

 

少なくとも僕は会話が苦痛ではなくなりました。

数をこなせば楽になるという話は、僕個人では本当だったと思っています。

 

人見知りの美容師さんが多いから気にする必要はなし!

美容師さんの人見知りは、意外にも多くいると言います。

 

 

つまり人見知りを気にしなくても、ほとんどの美容師さんが体験するわけですから、少しずつ慣れていく努力をすれば、差別化にもつながるでしょう。

 

逆に気にしすぎるのも緊張して、お客様に伝わってしまいます。

だからこそマイペースにゆっくり解消していくほうが、メリットがたくさんあるので、無理をせずに人見知りを解消していきましょう。

仕事 美容師
スポンサーリンク

この記事を書いたのは…

メガネさん

元美容師webライター

美容師⇒手荒れ⇒Webライターと、波乱万丈な人生を楽しみながらブログ発信をしています。

メガネ通信 | 元美容師の雑記ブログ