美容師の情報を発信中!

美容師は新しい働き方にシフトチェンジしよう!以前との比較をしてみた

この記事は約10分で読めます。

美容師さんの働き方は、昔からあまり変わっていません。

いい面と悪い面がありますが、個人的に悪い面が多いような気がします。それは給料が安いという点。

個人的にそう思ったので、新しい働き方を少し考えてみたわけです。

僕は今webライターとして働いていますが、その働き方を参考にして、働き方についてまとめてみました。

美容師さんの働き方は、僕自身が働いていた経験があるので、それなりにわかります。

アシスタント時代が特にきつく、朝練からの営業、最後にまた練習をしなくてはいけません。

 

このような働き方をしていると、次のように思う美容師さんがほとんどかと思われます。

 

  • 働くのがきつくてやめてしまいたい
  • きつい割には給料が安い

 

とはいえ、お客様と話ながら髪をきれいにして、感謝までされるとやりがいを感じて、辞められないですよね?

そこで美容師さんの今までの働き方と、僕個人がおすすめだと思っている、新しい働き方を比較してみました

メガネさん
メガネさん

今美容師として働いていて、少し不満を感じている人は参考にしてみてください。

 

ちなみに僕はwebライターとして働いていて、美容師の経験を活かした働き方をしています。

 

これが新しい働き方のひとつだと感じているので、記事にしてまとめてみました。

 

関連記事
美容師が独立して開業すれば準備から忙しい…準備物や流れとは?
【経験者が語る】手荒れがひどい美容師さんは病院に相談したほうがいい
美容師になったら友達との関係が微妙に?友情を崩さない方法を紹介
スポンサーリンク

今までの美容業界での美容師さんの働き方とデメリット

今までの美容業界では、美容師さんは次のような流れの働き方をしていますよね?

 

  1. 開店前にサロンへ行って朝練
  2. 朝の朝礼をして営業開始
  3. 営業終了後に自主練

 

このような働き方をしていると、どうしても自分の時間がとれず、今後の事も考えられなくなってしまいます。

メガネさん
メガネさん

美容師としてずっと働くならいいけど、それだとかなり危険だよ。

 

僕みたいに手荒れが起こって辞めなくてはいけなくなったら、転職に困ってしまうかも。

 

これが唯一、この働き方のデメリットだね。

 

それでも美容師は魅力的な仕事なのも知っています。

そこで今の働き方としてベストが出せる方法と、その反対のデメリットについても見てみましょう

美容師さん
美容師さん

それを見てから、今後どうするか考えてみてね。

 

働き方①:スタッフとしてスキルアップ!スタイリストを目指す

まず今あなたがアシスタントなら、技術力を高めるために、ひたすら練習してスキルを高めておきましょう。

そうすれば早くスタイリストになれて、今の働き方のままでも、割にあった給料をもらえるようになります

 

多くの美容室は能率給といって、たくさん仕事をすれば、給料が高くなる仕組みを使っているはずです。

メガネさん
メガネさん

それに加えて、スタイリストになるだけでも、給料がアップする仕組みのサロンもあるようだね。

 

多くの美容師さんが辞めてしまうのは、アシスタント時代のようです。

それも過去に記事にしているので、アシスタント時代に辞めたいと感じる人は、参考にしてみてください。

 

 

とにかくアシスタント時代は、給料を上げるためにひたすら練習!

こう意識するだけで、余計な事に気を取られなくなって損はしませんよ。

美容師さん
美容師さん

この働き方に関しては、デメリットはほとんどないね。

 

アシスタント時代に一生懸命働かないと、得をしないもんな。

 

働き方②:働きながら自分に指名してくれるお客様を増やす

そしてスタイリストになったら、指名されるように、接客の方法などに集中しましょう。

 

先ほど紹介したように、僕の肌感覚ですが、指名客を増やすと給料に加算される仕組みを使っているサロンが、それなりに多いからです。

メガネさん
メガネさん

美容師さんが辞めてしまう大きな理由は、美容師さんの給料についての記事を見ればわかるように、他の職種より安いのが原因みたいだね。

 

 

だからこそ少しでもデメリットを減らすために、指名されるように努力したほうがいいわけです。

また次の働き方でも、この方法で活かすことができるから、この働き方に関してもデメリットはありません。

美容師さん
美容師さん

唯一のデメリットは、指名客の取り合いで人間関係が悪くなる点だね。

 

美容師さんって争いもあるから、意識はしたほうがいいかも…。

 

働き方③:人気ができてきたら独立してサロンを経営

自分を指名してくれるお客様がたくさんできたら、自信を持って独立してしまいましょう。

これで売り上げのほとんどが、自分の取り分となります。

メガネさん
メガネさん

ほとんどの美容師さんは、ここを目指して仕事をしているよね?

 

美容師さんの働き方の、基本となるので、ひたすら練習しておけば、一生美容師として働けるよ。

 

とはいえ、サロンを独立したとしても、これも一生続けられるかわからないのが、独立をするデメリットです。

 

それでも美容師として働いて、最終的に独立を目指すこの働き方は、誰でも目指すべきでもあります。

美容師さん
美容師さん

独立をしたら自分の働き方を自由に決められるから、メリットも大きいよね。

 

魅力が多い働き方ですが、しっかり今後の流れなどを考えてから、独立したほうがいいでしょう。

1度独立をしてしまえば、後は自己責任です。

失敗したら誰も助けてくれないので、安易に独立を目指すのはよくありません。

 

ライターとして思うこれからの美容師さんのワンランク上の働き方

僕も1度は独立を目指して、かなり練習ばかりして、最終的には手荒れで強制的にやめてしまいました。

だからこそわかるのですが、今の美容師さんは今の働き方について、定期的に見直しをしながら独立を目指しましょう。

 

少し独立を目指すのに不安を感じる人は、次の働き方を視野に入れてみてください。

 

  • フリーランスとしての働き方
  • インフルエンサーを目指して別の働き方を目指す
  • 美容師以外の営業もしてみる

 

僕は現在webライターとして働いていますが、この働き方は副業として最高の環境です。

もしも自分の体に何かあって、美容師を辞めないといけなくなっても安心できます。

美容師さん
美容師さん

新しい働き方を経験すると、リスクが少なくなるのね。

 

たくさんのサロンと業務委託するフリーランス型

今流行っている働き方が、フリーランスの美容師さん。

これは独立を目指さずにフリーランスとなり、店舗を借りてお客様の髪を施術する働き方です。

 

フリーランス型として働くためには、次のような手間が必要であり、じつは独立よりもハードルが高いように個人的に思います

 

  • 店舗の一部を貸してくれるサロンを探す
  • 独立を目指すくらいの指名客が必要
  • すべて自分でこなさないといけない

 

上記のようなデメリットがありますが、その代わりに自由度が高いの上に、店舗の家賃を気にしなくてよくなります。

また人脈が広がるのも、フリーランスだとできますよね?

美容師さん
美容師さん

余程美容師として自信があるなら、かなり魅力的な働き方だな…。

 

フリーランス美容師の記事を読んで、すごく興味がわいたよ。

 

 

働きながら自分の経験を活かしてインフルエンサー業も同時に行う

これは僕がネット系で仕事をしているからわかりましたが、美容師はインフルエンサー業と相性がいい気がします。

そもそもインフルエンサー業とは、SNSでのフォロワー数が多い人の事を指し、その影響力を利用して仕事をしていくのが特徴です。

メガネさん
メガネさん

夢がある職業のひとつが美容師でもあるので、SNSと相性がいいんだよね!

 

SNSを使った仕事とは、企業が依頼した内容を、SNS上で紹介するだけです。

つまり美容師の仕事をしながら、片手間で副業の収入をゲットできる場合もあります。

 

とはいえ、フォロワー数を増やすまでが大変で、時間がかかるのは頭に入れておきましょう。

これからインフルエンサーを目指す人は、美容師インフルエンサーについての記事も参考にしてみてください。

 

 

美容業以外の営業で利益を伸ばしていくと安心

インフルエンサー業以外でも、今は副業の範囲でも、たくさんの仕事が出回っています。

メガネさん
メガネさん

僕がしているwebライターも、かなり副業に適した環境だよ。

 

気になる人は参考にしてみてね。

 

ネット系の仕事は、特に人手不足で、副業でも人員を募集しています

例えば次のような職種ですね。

 

  • Webライター
  • Webデザイナー
  • コーダー
  • プログラマー など

 

 

たくさんの仕事があるので、パソコンの購入してみて、予め勉強してみてください。

全くの未経験より、転職しやすくなるだけでなく、美容師としての仕事にも役立つ場合もあります。

 

そもそも美容師さんは美容に関してはすごいですが、それ以外の経験が積めていません。

転職についての記事でも紹介していますが、危機感を持っていて損はないですよ。

 

 

だからこそ美容師をしながら、別の仕事を副業として経験しておけば、何かあった時に安心できるでしょう。

 

美容師の働き方は増えていると自覚しないと時代に置いてかれる

確かに美容師は魅力的で、独立をしてしまうほどの実力があれば、働き方としても楽になります。

ところがそこに到達するまでに、たくさんの美容師さんが辞めてしまいますよね?

 

もしそのひとりに自分がなってしまうと、どうすればいいのか、わからなくなってしまうでしょう。

メガネさん
メガネさん

僕もどうしたらいいかわからなかったから、現役の美容師さんは、働き方について考え直してみてね。

 

副業として何かを始めてみて、経験ができてから別の働き方が見つかったら、とにかく挑戦してみましょう

美容師一筋で頑張るのは、これからの時代は厳しいと個人的に思いました。

 

 

美容師さん
美容師さん

国はこんな事までしようとしているんだ…。

 

今までどおりの働き方をしていると困るかも。私もなんでもいいから経験しよ…。

 

美容師の20年後について少し調べてみた記事もあるので、将来不安な人は読んでみてください!

基本的にスキルアップをしてから、いろんな仕事に挑戦するのが最強です。

 

仕事 美容師
スポンサーリンク

この記事を書いたのは…

メガネさん

元美容師webライター

美容師⇒手荒れ⇒Webライターと、波乱万丈な人生を楽しみながらブログ発信をしています。

メガネ通信 | 元美容師の雑記ブログ