美容師をやめるおすすめの方法は準備してから動くべきと経験者は語る

美容師をやめるための方法は、意外に単純です。それはスキルをある程度磨いてから、レベルの高い状態でやめる。これだけで失敗はしません。

もちろんサロンをやめる過程を知りたい人もいるでしょうから、その方法についても紹介しますね。1番は無理をせずにやめる事です。

なかなか仕事をしていると、やめると伝えにくく、自分から言い出しにくい美容師さんは多いでしょう。

それは人間相手の仕事だから。自分をよく見せようとしてしまうため、忙しそうに働いている仲間から、嫌われたくないのもわかります。

 

ところが美容師さんは、やめるのをためらうほど、自分には悪影響しかありません。

Google神
Google神

それは自分のスキルが上がりにくいからじゃ!

 

だからこそ、仕事を辞めようと感じたら、すぐに辞めるのがおすすめ!それも記事にしているので、参考にしてみてください。

 

 

とはいえ、好きなタイミングでやめてしまうのも、あまり得策ではありません。

そこで元美容師である僕が、経験からおすすめのやめる方法や順序について紹介するので、参考にしてみてください。

メガネさん
メガネさん

僕は元美容師からwebライターに転職して、給料が上がった経験があるんだ。その経験を記事にしてみたよ。

 

スポンサーリンク

美容師さんがやめて転職を成功するための方法

美容師さんはやめるのに苦労すると思いますが、それはサロンでは人手不足だからです。

やめようと思っても、引き止められて、なかなかやめられないかも…。

 

このように不安になっていて、辞めようと思っている事すら、誰にも言えない状態ではないでしょうか?

そこでは勿体ないので、僕の経験から、以下で紹介する方法を試してみてください。

メガネさん
メガネさん

意外とサロン側も忙しいので、やめると言われて引き止められるのは、一部の人材だけだよ。

 

もちろん普通にサロンでの話なので、ブラック企業のようなサロンでないのが前提だけど。

Google神
Google神

ブラック企業でないサロンなら、次の順序でやめるのを伝えてみるのじゃ!

 

  1. やめるのを上司に伝える
  2. その間にスキルアップをする
  3. お客様に辞めるのを伝えつつ引継ぎ
  4. しばらくして転職活動を開始する

 

ちなみにこの方法は円満退職するための方法であって、すぐにサロンを辞めたい人は、すぐに辞めても問題ありません

それはストレスで体を壊すのもよくないですからね!

 

成功する方法01:やめるというのを上司に伝える

最初は上司に辞める事を伝えてしまいましょう。

これはあなたが辞めてから、サロン側がスタッフの穴埋め作業をしてもらうためです。

 

しっかりお客様を回せるようにすれば、今働いている仲間に迷惑がかかりにくくなるため、あなたへのプレッシャーも少なくなるはずです。

 

でもどんな言い方をすればいいのか、少し迷ってしまうな…。

メガネさん
メガネさん

たくさんの美容師さんを見てきて、個人的にはストレートにやめる理由を言ったほうがいいよ。

 

ただしお金の話はほどほどにしたほうがいいけどね。

 

 

上記の記事でも紹介していますが、言い方ひとつでもめ事になるケースもあります。

特に嘘をつく必要もありませんが、お金の事など、一般常識の範囲内でストレートにやめる理由を伝えましょう。

 

成功する方法02:スキルが上がるように努力する期間

やめる事を周りに報告したら、次は自分のスキルアップにつながるように、少しは努力しておきましょう。

特に次に転職する予定の職種に繋がる練習や勉強など、ジャンルを絞ってスキルアップをすれば、転職しやすくなりますよ

 

メガネさん
メガネさん

僕は美容師からwebライターになりましたが、手荒れで強制的に仕事を辞めたので、転職する時が大変でした。

Google神
Google神

スキルなしだと、最初がかなり大変じゃから、スキルアップしてから転職!といった流れが1番じゃ。

 

もちろんこの場合は、美容師を辞めずに別のサロンに行く場合や、他業種に転職する場合。どちらでも得をします。

 

他業種の場合は副業という形で、なんとか時間を作って経験を積むのがおすすめです。

無理をしない範囲で、スキルを高める期間だと思って、前進できるようにしてくださいね。

 

成功する方法03:お客様の引継ぎをする

ここまでできたらあと少しです。

次はお客様にやめる事を伝えて、迷惑がかからないようにしましょう。

 

もちろんただ辞めます…というだけでなく、これからどこに転職するのか?といった感じで、具体的に伝えるのがおすすめです。

それは次の転職先に、お客様と少しでも繋がるための作業だと思ってください。

 

メガネさん
メガネさん

美容師をやめずに、サロンを変わるだけなら、指名してくれるかもしれないしね。

Google神
Google神

人間性を気に入ってくれてたら、他業種でもお付き合いができるかもしれんしの。

 

ただやめる理由については、そこまで深く話す必要はありません。

サラッと話して、未来の話について掘り下げると、辞めた後に得ができますよ。

 

成功する方法04:仕事をこなしつつ転職活動

最後にある程度スキルが身に付いたと思ったら、転職活動を開始しましょう。

別サロンに就職するだけなら、どんなサロンなのか調べて、それから就活してくださいね。

 

  • 労働環境
  • 人間関係
  • お客様層 など

 

これらを最低でも確認して、サロン見学するだけで転職に失敗する確率は下がります

メガネさん
メガネさん

美容師さんが他業種に転職するなら、おすすめの業種を紹介した記事があるので参考にしてね。

 

 

美容師さんがやめる時に気を付けるべき注意点2つ

美容師さんは正しい方法でやめるなら、注意するべきポイントがあります。

それは大きく分けて2つあり、それぞれ意識してから、転職するようにしましょう。

 

  • 早めの報告
  • 転職活動は働きながらする

 

これだけ意識すれば、スムーズに転職できますよ。

ちなみに円満に退職できそうにないなら、これらを守る必要はありません。

メガネさん
メガネさん

1番いけない退職方法は、とにかく無理をしてストレスをためる事。体を壊さないようにしてね。

 

円満に退職するならとりあえず早めの報告

誰でも仕事をやめるのなら、仲がいいまま平和に退職したいでしょう。

そんな美容師さんほど早めに報告してから、退職しやすい環境を作るのがおすすめです。

 

メガネさん
メガネさん

とはいえこれは普通のサロンで働いている場合に限るよ。

Google神
Google神

モンスターオーナーなど、変なサロンで働いているという自覚があるなら、サッサとやめてしまって問題なしじゃ!

 

じつは僕自身も変なサロンで働いていた経験があり、やめる時にかなり消耗しました。

これだとスキルアップができないどころか、次の職場でも仕事が手に付かず、大変な思いをした経験があります。

 

とはいえ、社会人ならマナーどおりに退職したほうが、好都合な事はたくさんありますよ。

 

美容師をやめてから転職活動はしないほうがいい

転職活動を始めるのなら、サロン内で働いている期間中がおすすめですよ。

それは転職活動中にも、給料がもらえて精神的にリラックスしながら、面接などが受けられるからです。

 

メガネさん
メガネさん

僕はいろんな事情で、webライターとして仕事を外注でもらっていますが、収入が安定しないと、うまく仕事がもらえない経験をしました。

Google神
Google神

切羽詰まっていると、言いたい事が言えなくなるんじゃよ。

 

美容師さんは話が上手な人が多いでしょうが、収入が安定しなくなると、冷静に話ができなくなってしまいます

だからこそ給料をもらいながら、時間を作って仕事の合間に転職活動をして、魅力的な職場に転職してくださいね。

 

美容師をやめずにサロンをやめるのがベストの転職方法

辞めるための方法について紹介してきましたが、結論から言うと、美容師を辞めないほうが得をしやすいでしょう。

 

それは今までの経験をフルに活かせられるのと、指名してくれるお客様が、そのままついてきてくれる可能性が高いからです。

 

どうしても美容師をやめて、他業種に転職するのなら副業から始めて、スキルを身に着けた状態で転職しましょう。

メガネさん
メガネさん

僕はネットビジネスをかじってみて、webライターとして働いてみたよ。

 

そして収入が上がる感覚がわかってから、本格的に仕事を始めてみたんだ。

 

そして収入がアップできたから、記事にしてみたんだ。

この記事を書いたのは…

メガネさん

元美容師webライター

美容師⇒手荒れ⇒Webライターと、波乱万丈な人生を楽しみながらブログ発信をしています。

仕事美容師
スポンサーリンク
メガネ通信 | 元美容師の雑記ブログ