指名されない美容師は勉強不足!技術ができない僕が実践した事

この記事は約9分で読めます。

指名されない美容師さんは、自分にはセンスがないから仕方がない…と、諦めていないでしょうか?

じつは指名数を増やすためには、練習や勉強をしているだけで自然と増えてきます。

僕自身も美容師で、アシスタントでも指名してもらえた経験があるので、その方法について紹介しますね。

美容師はお客様から指名された数で、それなりに人気度や実力がわかる職業です。

だからこそ指名されない時期が続くと、少し自信がなくなってしまいます。

 

メガネさん
メガネさん

今まで練習してきたことが、報われないと辛いよね…。

Google神
Google神

数字で評価されるとか、結構過酷な仕事じゃな。

 

そこで過去に美容師をしていた僕が、アシスタント時代でも指名されていた経験をもとに、対策を紹介しますね。

じつは指名されない美容師さんのほとんどが、次の事ができていない可能性があります。

 

  • 勉強不足
  • 練習不足

 

少し厳しい言い方かもしれませんが、ほとんどの美容師さんはサロンから言われた事しかできていません。

つまり少し努力すれば、差別化が出てしまうので、少し頑張ってみてください

 

関連記事
リアルな話パソコンを使って仕事するなら実践でスキル磨こうぜって話
【アシスタント美容師必見】ストレス対策対策まとめ【転身もOK】
手荒れで悩む美容師がオロナインを使った結果…悪化したけど使い方次第
スポンサーリンク

美容師さんにとって痛いのは指名されない事!その原因の一例

美容師さんが指名されない大きな原因は、勉強と練習不足と上記で紹介しました。

なぜそんなに簡単に、原因を言えてしまうの?と思いますよね?

 

メガネさん
メガネさん

結局のところ、試行錯誤が足りないからお客様から忘れられるんだよ。

Google神
Google神

試行錯誤をするためには、知識と技術力が必要だからの。だから勉強と練習不足になっているんじゃ。

 

僕が経験した例を踏まえて、どのように指名されていったか少し紹介するので、指名されないと悩んでいる美容師さんは参考にしてみてくださいね。

 

ちなみに過去の僕は、カットができないアシスタントで、技術力は足りませんでしたが、すでに指名をされていた経験があります

 

カウンセリングで要望を聞きだせずに適当に施術

美容師が1番信頼される方法は、「お客様の要望に沿った髪型にできているか」です。

 

中には美容師さん主導で、髪型をドンドン提案していくスタイルもありますが、これだとかなり技術力が高くないと指名をされません。

この記事を見ている人は、おそらく技術力にも自信がない美容師さんでしょう。

 

つまりカウンセリングで希望をしっかり聞きだせるかが、かなり重要になってきます。

 

  1. サロンのマニュアルで一応カウンセリング
  2. お客様の意図がわからず、適当にカット
  3. 仕上げの時にお客様に確認
  4. 切り直してほしいと、細かく微調整
  5. 時間をかけて完成させる

 

このような流れでカットをしているのなら、おそらく「聞く力」が足りていません。

 

今ではビジネス本や自己啓発本などでも、聞く力を上げる本が出ています。

それを見て勉強すれば、カウンセリングの方法をアレンジできて、オリジナリティーも出せるはずです。

メガネさん
メガネさん

結局のところ、会話って聞く力がかなり大事って聞いたよ。

 

人から教わった事をそのまま試してみて、自分がやりやすくするために、試行錯誤を繰り返せば武器になるよ。

 

 

スタイリストなのに技術力不足

これは当たり前の話ですが、技術力がなさ過ぎて、指名されないケースです。

 

このような状態だと上記で紹介したように、しっかりカウンセリングして、髪型がイメージできていたとしてもカットができません。

 

  1. カウンセリングでお客様の要望を把握
  2. 意図がわかっていても再現性がない
  3. 自分のできる範囲で施術
  4. 要望通りの髪型にならなっていない
  5. 修正できずにお客様の不満が溜まる

 

このような流れで仕事をしてしまうので、悪名ばかり広がっていいことがありません。

スタイリストになるまでに、一通り技術を習得してから、お客様の担当になると安心です。

メガネさん
メガネさん

これは練習でカバーするしかないよ。

 

PDCAサイクルを回して、復習しながら練習すると、効率よくレベルアップできるかもね。

 

提案せずに言われたままの施術しかできない

これは番外編として紹介しますね。

 

技術力も聞く力もあるのに、言われた通りの施術しかしていないと、最終的にジリ貧になってしまう話です。

お客様からしたら、確かに希望通りに髪型にしてもらうので、満足度は高くなります。

メガネさん
メガネさん

これだけでもかなり魅力的ですが、ちょっとした事で飽きられる可能性があるんだ。

 

ちなみにこれはうちの親が陥ったエピソードなんだ…。

 

昔はサロンそのものが少なかったので、希望通りに髪型をしていれば満足度は高かったようです。

ところがサロンがたくさんできてくると、他のサロンへ行ってしまうお客様が増えてしまいます

 

  1. お客様の言われた通りの髪型にする
  2. 好みの髪型になるからいつも同じ髪型に
  3. 髪型を変えたいと思ったらサロンを変えようとする
  4. サロンが近くにできたら指名されなくなる

 

少し高度な話になりますが、結局のところ、サロンへ通るのは娯楽と同じ感覚にお客様がなっているわけです。

飽きさせない努力が美容師さんには求められているので、たまには新しい髪型を提案してみましょう。

 

指名されない美容師さんにならないための方法は単純

上記では指名されない原因を基に、対策を紹介しました。

それに加えてこれから、具体的にどのように指名されるように努力をすればいいのか、毎日の行動を紹介します。

 

大きく分けて勉強と練習不足が原因でしたね。

それを補うのと同時に、差別化を行う方法を見てみましょう。

メガネさん
メガネさん

ちなみに僕が美容師としての枠組みから出て、経験したものを参考に、対策を紹介するね。

 

技術力を身に付けるために練習をコツコツ繰り返す

アシスタント時代から指名をされていた僕ですが、結局のところ、技術力がないとほとんどのお客様からは指名されません。

 

僕がアシスタント時代に指名されたのは、上記でいう「聞く力」を意識して、技術力のなさをカバーしていたからです。

 

  1. お客様から悩みを聞きだす
  2. メニューを提案する
  3. スタイリストさんに相談する
  4. 代わりに技術をしてもらう
  5. 合い間で交代して話を聞く
  6. 指名してくれるようになる

 

このような流れで指名をもらっていましたが、スタイリストさんには申し訳ないと思いながら、仕事をしていた経験があります。

だからこそコツコツ練習をして、自分からメニューを提案できるようになれば、もっと指名されやすくなるでしょう。

 

そのためには技術力は基礎です。

そこから聞く力と提案力を持ち合わせれば、かなりの氏名数をゲットできますよ。

 

コミュニケーション力を高めるためにSNSで情報発信をする

聞く力が大切と何度も紹介してきましたが、これにはコミュニケーション能力を高める必要もあります。

僕はこのためには、SNSをうまく利用するのがいいと思いました。

 

メガネさん
メガネさん

今SNSを利用している人は多いから、どのような要望があるのか、察知する能力が試されるんだ

 

今僕はTwitterをしていて、フォロワー数が増えているんだけど、これは美容師さんの営業にも使えるしね。

Google神
Google神

何が求められているか、自分で察知するために、SNSを使うわけじゃな。

 

少し人数が違うので、すべて活かされるわけではありませんが、今の考えを変えるキッカケにはなります。

 

しかもSNSでフォロワー数が増えていくと、それだけで集客にもなるはずです。

つまりそのSNSを見て、あなたを指名するお客様になる可能性がゼロではありませんよね?

 

インフルエンサーを目指しつつ、「聞く力」を身に付ける修行の場として、SNSを利用してみてください。

 

施術後に次回の提案をしてリピートしてもらう

いつも同じ施術を繰りかえしてしまうと、どうしてもお客様は飽きてしまいます。

そこでたまに新しい髪型を提案したほうがいいと、上記でも紹介しました。

メガネさん
メガネさん

お客様はトレンドを気にする人もいるよ。

 

そんな風に新しい流行を取り入れると、喜んでもらえるという意味でも、たまには提案してみよう。

 

これは講習でもよく言われることですが、新しい提案がすると、それが楽しみで次回も指名してくれるようになります

他の美容師さんに指名されない理由を作らないことが、指名数を増やす対策です。

Google神
Google神

言い方を変えると、離脱率を下げる対策がコレじゃな。

 

できる限り、あなたを指名するメリットを、少しでも感じてもらうようにしましょう。

 

美容師さんは指名されないと辞めたいと感じてくる

指名されない美容師さんは、自分は美容師が向いていないと、落ち込んでしまう人もいますよね?

ところがセンスだけで美容師が続けられている人は、ほとんどいないと個人的に思っています。

メガネさん
メガネさん

都会の一流美容師さんは、おそらくセンスだけでもたくさん指名してくれているかもしれないね。

 

でもほとんどの美容師さんは、センスより次の事を意識しているよ。

 

  • 希望通りの髪型にできているか
  • 飽きさせない努力をしているか

 

これだけの事を意識してあげると、指名されないという悩みが少なくなるはずです。

センスについては次の記事にまとめているので、参考にしてみてくださいね。

 

仕事 美容師
スポンサーリンク

この記事を書いたのは…

メガネさん

元美容師webライター

美容師⇒手荒れ⇒Webライターと、波乱万丈な人生を楽しみながらブログ発信をしています。

メガネ通信 | 元美容師の雑記ブログ